韓国ドラマを見るのが楽しみ

最近では新型コロナウィルス感染症の影響で外出を自粛していることもあり、自宅で過ごす時間が増えています。家の中で過ごす時には、家族と話したり、体を動かしたり、モノを作ったり、本を読んだりと時間の過ごし方は人によって様々です。

私自身は、昔からテレビを見ることが好きなので、テレビの前にいる時間が増えています。リアルタイムで放送されているテレビ番組を見るのが基本的には好きなのですが、最近はHuluなどサブスクのサービスを利用して、過去の作品を見る機会が増えてきました。

今回はその中でも以前は全く観ていなかった韓国ドラマを見るようになったというお話です。

ニュース番組を観続ける

テレビを観る時間というのは、少し前までは、7~8時の朝の仕事する前の時間帯と18時以降の仕事終わりの時間帯でした。今の新型コロナウィルス感染症関連の情報収集のためもあって、その時間帯にはニュース番組を見ることが多かったです。

最近は、生活リズムをより朝方に変える試みをしており、朝は5~6時と夕方16時以降にテレビを見るようになりました。この辺りの経緯などは、また別記事でまとめたいと思っています。

情報収集という意味合いでニュース番組を見ていると、各局で様々な角度からの情報があったり、自分が知らない情報が日々出てくるのですが、少し情報過多になってきている感があり、疲れ気味です。

情報の有効性の見極めは難しいところですが、ニュース番組で流れる全ての情報が今必要なわけではないので、もしかしたら重要な情報を見逃してしまったらどうしようというので、ダラダラと見続けるのことは避けたいところです。

私だけかもしれませんが、国や都道府県等の政策に対して、批判やダメ出ししたり、時には当事者同士で言い争いをしているような場面を見ていると、心が沈んでしまう時があります。それは、目を背けてはいけない必要な議論である部分もあるかもしれませんが、見ていられなくなってしまうときがあります。

Huluでドラマを見始める

そんな状況が続いていたので、情報収集以外でテレビを観る楽しみを見つけたいとは思っていました。ちょっと前から、有料でも昔のドラマなど見たいと思っていたので、Huluの申込はしていて、国内ドラマなどちょくちょく見始めたところでした。

緊急事態宣言が発出された4月以降は、国内での新ドラマの撮影が出来ないようで、放送が延期になっているものもあり、リアルタイムにドラマを見る機会がなくなってしまったので、Huluの活用に拍車がかかってきている感はあります。

最初は、以前放送されていたときに見たかったけど、見逃してしまった国内ドラマを見つけて、1日1話ぐらいのペースかなと思っていたのに、いつのまにか夢中になって、立て続けに見てしまったり、罪悪感に囚われながら、満たされた時間を過ごせていました。

特に見るコンテンツがなくなってきたわけではないですが、以前から私以外の家族でブームになっている韓国ドラマが気になっていたので、観てみることにしました。前はDVDなど借りてきてまで観るほどなのかなと思っていました。でも、Huluで韓国ドラマのコンテンツが豊富にあることは知っていて、家族がハマっているのを横目に気になってはいたのは事実です。

韓国ドラマのおもしろさ

韓国ドラマを見始めた当初は、様子見な感じでしたが、徐々におもしろくなってきて、ハマってきています。

最初に観たのは、
ヒーラー 最高の恋人
色々と家族からおススメ作品を教えてもらったのですが、「闇の便利屋」という設定が私が好きそうな感じだったので、選びました。内容については、楽しみ方は人それぞれなのでこれがおもしろいなど具体的には明記しませんが、最初は分からなかった人間関係が徐々に判明していくというある意味ミステリー的な要素が楽しめました。

次に観たのは、
ミセンー未生ー
韓国ドラマのおもしろさに目覚めてきたので、今度は自分でHuluの中で探してみました。本当の韓国ドラマ好きはもしかしたら恋愛系を押さえておく必要があるかもしれませんが、どちらかというとミステリーや会社などが描かれている方が私は好きなようです。ですので、「サラリーマンのバイブル」というキャッチフレーズに魅かれてしまいました。どん底から這い上がっていく感じというのは、ワクワクして楽しめます。

今は
キム課長とソ理事 Bravo! Your Life

会計税務に携わっているので、韓国の会計事情の一端が分かるかなと見始めています。少しお堅い感じかなと想像していましたが、コメディータッチで楽しく観れています。

まだ3つぐらいしか観ていませんが、韓国ドラマもおもしろいなと思ってきています。日本と違って、10話前後で完結ではなく、20~25話ぐらいで完結するのが平均なようで、楽しみが長く続くのが魅力でもあります。

どん底から這い上がる感じが好きですが、韓国ドラマではどん底に落ちるときの落ち方が私の想像を超える場合があるので、耐えきれなくなるときもあります。もちろん、それだけ落ちるので、その後の這い上がり具合が爽快で、その分おもしろさが倍増するということでもありますが。

おわりに

まだまだ韓国ドラマに関しては初心者ですが、思うところを書いてみました。これからもっと勉強していって、韓国に旅行に行ったときにドラマで観たロケ地を巡ることが当面の目標です。

新しい生活様式が提唱されていますが、この自粛要請の中ではそれぞれに新しい生活様式が出来つつあるかもしれません。それは、こんな状況だから仕方なくという後ろ向きな部分があるかもしれませんが、こんなときだからこそ積極的に楽しめるように日々を過ごしていければなと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務