1年以上ぶりにリアルな大会で走ってみて思うこと

身体を動かすことを習慣にしようという思いもあり、定期的にジョギングするようにしています。

きっかけは以前参加した大阪マラソンでの不甲斐ない結果を受けてというところが大きかったのですが、最近では大会に向けてというよりも継続することに楽しみを感じるようになってきました。

今回は、久しぶりにリアルなマラソン大会に参加出来ましたので、その時の心境の変化など書き記してみます。

直近のマラソンイベントへの参加状況

2020年の2月頃からコロナ禍においては、実際に多くの参加者が集まってというリアルなマラソン大会の開催というのはほとんど行われず、開催予定であっても様々な事情で中止となることもありました。

そんな中でも小規模な有志のような形でのイベントは行われていて、気分転換も含めて参加したこともありました。その時の思いなどは別の記事で取り上げています。

大会ではなくてもゴールしたら達成感はある

正式な大会という形ではなかったですが、自分以外の人と一緒に一定以上の距離をゴールを決めて走り切るというのが思った以上に充実感があって、大会参加への意欲が湧いてきました。

しかしながら、相変わらずオンラインイベントの参加には積極的になれず、毎週コツコツと長めの距離をジョギングすることを続けていました。

出来れば、リアルな大会で日頃の成果を少しでも垣間見れたらという思いはずっと持ち続けていました。

そんな時に、1年前にコロナ禍で中止となったなにわ淀川マラソンが今年開催されることを知りました。

これは参加しなければと、2021年の年明け早々に申し込みをすることにしました。フル・ハーフ・10km・5kmなど選択肢は多かったのですが、リアルな大会は久しぶりなので、フルではなくハーフを選びました。

いきなりフルを走るのが不安だったというのが正直なところです。

大会までの準備

以前コロナ禍で参加しようとした2020年の「大阪30K秋大会」の時は、大会までにタイムも意識していて、3か月前ぐらいから本で読んだトレーニングメニューを実践していたのですが、今回は特に普段と違うトレーニングを行うということはしませんでした。

何か特別な想いや目的があったわけではないのですが、普段通りの身体と精神状態でハーフを走ったらどうなるのかということを知っておきたいというところです。

時期的に、税理士としての繁忙期と呼ばれる確定申告の時期であるということもあり、少し慎重になっていたのかもしれません。

基本的には、毎週日曜日の早朝に長めの距離をジョギングすること、月2回土曜日の午前中にマラソンのレッスンに参加する以外は走ることはなく、それ以外の日はストレッチやちょっとした筋トレをするようにしていました。

毎週日曜日の早朝に走るときには、大体1時間30分~2時間ぐらいのジョギングを目安としていましたが、大会があるということで、ハーフの距離以上走る機会を月1回ぐらいは作るように意識はしていました。

正直なところ、ペースはそんなに早くなくても、ハーフの距離自体は練習で走っていたので、大会でも余裕でゴール出来るんじゃないかなと何故か思い込んでいました。

大会当日

全然不安がない心境で当日を迎えたため、いつも通りの朝のように過ごしていました。朝から事務所によって、毎日の習慣を行って、少し仕事をして、自転車で大会に向かいました。

ゼッケンなどは事前郵送で申し込んでいて、当日受付はない状態だったので、スタート30分前ぐらいに到着。

走る格好で出発したので、現地で着替えたり、荷物を預けるということもなく、そのままスタート地点の近くでウォーミングアップなどをしながら、スタートを待ちました。

コロナ禍でのマラソン大会というのを初めて体験したのですが、もちろん走る直前までマスク着用で、人と人との距離を適度に取るなど以前と違うところもありました。

しかしながら、スタート前の独特の緊張感、スタートを知らせるアナウンスなど、リアルな大会ならではの雰囲気はやっぱりワクワクするものです。

天気も良くて、春の陽気が余計にそう感じさせてくれたのかもしれません。

スタート前はまさにイベントのような雰囲気で、楽し気な気分に浸っていますが、いざスタートすれば孤独で自分との戦いのような感じは以前と変わらないです。

18kmぐらいまでは程よくしんどいぐらいで、いい感じで走れていたのですが、急に疲れが出て来て最後は疲労困憊になりました。この辺りは次の課題かなと思います。

それでも前回初めて走ったハーフのタイムよりも1kmあたり1分程速いペースで走れたので、よかったかなと思います。

タイム自体は全然大したことはないですが、以前よりも成長が感じられたので、これからもまた継続していけそうです。

おわりに

久しぶりの大会で充実感はありましたが、実際最後はものすごくしんどくて、こんなんでフルなんて走れるのかと不安に思ってしまいました。それでも、ゴールして休憩すると、また走りたいと思えるのが、不思議なものです。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務