運転免許証の更新手続きが間に合わない場合には

新型コロナウィルス感染症の影響で、オンライン化の波は運転免許証の更新手続きにまで及んでいます。たまたま今年が運転免許証の更新手続きの年だったのですが、その波の影響を痛感することとなりました。

今回は、大阪府の場合ですが、運転免許証の更新手続きが間に合わないとなってからの流れについて、実際の処理を交えてまとめてみました。

運転免許証の更新受付のオンライン化

運転免許証の更新の方法についての説明は割愛しますが、これまでは更新手続きをその日のうちに終わらせたいなどの事情もあってか、多くの方が免許試験場の長蛇の列に並んで、半日か下手をすると1日掛けて更新手続きをしていたかと思います。もちろん、警察署で手続きしたりなど方法は色々あるとは思うのですが、私も長蛇の列に並んでいた一人です。

新型コロナウィルス感染症の影響で、3密にしっかり該当してしまう長蛇の列を成す免許試験場での更新手続きについても、オンライン予約が必要となりました。

大阪府警察ホームページ
オンライン予約の流れについてはこちら(PDFファイル:469.5KB)

世の中の流れもあるので、仕方がない部分もあるでしょうし、むしろ長蛇の列に並ばなくてもいいというのはむしろメリットではないかなと感じていました。

早速、大阪府警察のホームページから予約をしようとしたときに、問題が発生しました。

大阪府警察ホームページ
令和2年7月1日から、オンライン予約システムを導入し、完全予約制により更新業務を再開しています。

翌週ぐらいまでの日付を見てみても、予約の空きがありません。
2週間後の更新手続き期限内での予約が取れないことに気付きました。

ちなみに本日2020年10月21日(水)現在で、下記のとおり2020年11月4日(水)までの予約は一杯です。

2020年11月5日(木)にやっと空きがありました。

運転免許の有効期間の延長措置

ちょっと考えれば分かることでしたが、あれほど長蛇の列が並んでいたのに、受付がオンライン化された途端に人数が減ってスムーズになるはずがありません。もしかしたら、更新手続き出来ないかもと焦りましたが、以前ニュースで見た更新手続きの延長措置を思い出しました。もちろん受付が出来ない人が多数いらっしゃるので、更新期限の延長の申請をすることが可能です。

大阪府警察ホームページ
新型コロナウイルス感染症対策について<運転免許の有効期間の延長措置等>

免許試験場等に直接行って手続きすることは可能です。

郵送で申請手続きする場合

更新手続きの際に免許更新場に行く予定の場合には、延長申請のためだけにわざわざ免許更新場に行くのも大変です。なので、郵送による申請がいいのではないかなと思います。

大阪府警察ホームページ
郵送申請手続についてご確認ください

申請書の様式と共に、記載例も掲示されています。

申請書が用意出来たら、郵送手続きを行います。

送付用封筒の記載例も申請書の記載例の最後に掲載されています。

返信用封筒についても記載例が掲載されています。

返信方法によって、貼付する切手が変わってきます。本人限定受取郵便を推奨しているようにも思えますが、重要な書類であるか自分で判断して選択する必要があります。私は、どんな書類が返送されるか分からなかったので、本人限定受取郵便にしました。

ちなみに返送された書類は、こういったものでした。

この書類自体がどれほど重要であるかは分かりませんが・・・。

おわりに

運転免許証の更新受付がオンライン予約に変わっているのは知っていたのですが、これほど混んでいるとはつゆ知らずにいざ予約しようとしたときに焦りました。私のような方はあまりいないかもしれませんが、もしもこの記事を読んで気付けた方がいれば幸いです。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務