本番に強い?弱い?

年が明けると、大学・高校入試に関する話題を見聞きする機会が増えてきます。いよいよ受験も本番を迎える時期に突入するのだと気付かされることも多いです。税理士試験は、受験自体は8月になりますが、前年12月の合格発表の結果を受けて、新たに動き出す時期でもあります。

試験を受けるときによく聞く話題として、本番に強いとか弱いということがあります。自分はどっちなのか、そんな単純な話ではないかもしれませんが、受験している当時は考えることもありました。

今回は本番に強い・弱いとはどういうことなのか、自分自身の体験も踏まえつつ、今思うことを書き連ねてみました。

本番にだけ強い?

学生時代で考えれば、普段の授業を受けている様子や、小テスト・定期テストの結果はすこぶる悪いのに、実力テストや進路を決めるためのここぞというときのテストには滅法強い、そういう人は確かにいるのでしょう。

よくよく考えると、テレビ・映画・小説・漫画などの設定で見かけることがあります。そうした設定がインプットされているためなのか、本番にだけ強い人は確かにいるよなと思っています。いわゆる天才という人でしょうか。

天才は確かにいるのだと思いますが、少なくとも私自身が過ごしてきた中では、直接見聞きしたことはありません。この人頭いいな、と思う人はたくさんいましたが、それは結果を出すための努力をしている人であって、生まれ持っての天才というよりは、勉強に関して努力できる才能を持った人という印象です。

普段の勉強は全然ダメなのに、ここぞというときに普段の様子からは考えられない結果を出す人というのはいましたが、飛び抜けた結果というよりはそれなりの結果ということが多かったかなと。もちろん、普段は全然勉強していないということが前提ですが。

自分に当てはめて考えてみる

自分の学生時代を振り返ってみると、学校の勉強については、結果だけを見ると、本番に強いように思われていたのかなと思います。それなりに点数を取れて、希望する進学先に進めているという結果だけを見れば。

しかしながら、自分自身は本番に強いと思ったことはありません。普段の定期テストなどで点数が取れていても、実力テストなど応用が必要なテストなどでは、結果が思わしくないこともよくありました。

範囲が絞られている定期テストなどは、そこだけ集中して勉強すれば、それなりに結果は伴いますが、項目が広範囲になる実力テストとなれば、同じような勉強方法では結果は伴いません。

出た問題が自分の得意としている分野であったり、ちょうど集中的に勉強していたところであったりすると、点数が取れたりすることはあります。得意と思っていた分野なのに、難易度が高すぎて解答まで辿り着けず、時間を使い過ぎたということもあり得ます。

超難問であっても、不意に閃いて、正答率が低い問題も解けることもたまにはあるでしょう。

入試や税理士試験など本番の試験は、そういった範囲を絞った限定的な勉強方法が出来ないので、ある程度長い期間をかけて、勉強を積み重ねていくことが必要な部分もあります。

そうやって積み重ねた結果、自信を持って試験に臨むことが出来ることもあれば、不安の方が大きいまま試験に臨むこともあります。それでも、正直なところ、結果はまちまちです。

本番で結果を残すために

本番に強いというのは、本番で結果を残すということです。そして、自分は天才的な才能があると確信出来ないのであれば、結果を残すための努力を積み重ねるしかありません。

本番で結果を残す確率を上げていくようなイメージでしょうか。

全く知らない分野の問題というものを極力減らすように、勉強範囲を網羅する。そのためには、時間がかかります。勉強時間の確保は必須で、日々コツコツと積み上げていくことが一番の近道かもしれません。

全く未知の問題を極力減らすように、演習問題を1問でも多く解く。それも、時間はかかります。

本番でパニックになって、普段の実力を発揮出来ないということがないように、戦略を練っておく。一つの問題でつまづいて、時間を掛け過ぎたりして、他に響いてしまうことは避けたいところです。

しかしながら、それを本番でいきなり実践することはなかなか難しいところです。普段のテストから、時間配分を決めるなどの戦略を練って実践しておく。これは何も自分一人だけで考える必要はなく、学校の先生や専門学校の先生などが日々伝えてくれている内容を実践することで達成することが出来ます。

こうした本番に向けた過程の中で、準備を整えていきながら、結果を残すための確率を上げていく。別の言い方をすれば、結果を残すのに障害となることを排除していく、こうした努力の積み重ねが自信に繋がり、本番に強いという結果が伴うのではないかと思います。

おわりに

「1番の応援は頑張ってきた自分」by 仁井聡子さん(FM802 DJ)という言葉を聞いて、良いこと言うなぁと思い、自分なりの考えを書いてみました。これが答えではないですが、一つの考え方として、共感してもらって、良い結果を出せる一助となれば嬉しい限りです。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務