能力が活かせていないのは本人だけのせいではない

仕事が出来る人は朝から晩までバリバリ働ている。学生時代から社会人になってからもそう思っていました。

時間通りに仕事を終えて、定時で帰る。それが悪いとは全く思いませんでしたが、何だかバリバリ働くイメージとは違うのかなと感じていたのでしょう。

当時見ていた仕事モノのドラマの影響が大きかったのかもしれません。期限は明日の朝までなのに、トラブル発生でこのままでは間に合わない。徹夜で作業をして何とか間に合った。そんな展開が面白くて好きで今でもよく観ています。

今回は、仕事が出来るのに、バリバリ働いている感じがしないということについて、自分の思うところを考えてみました。

仕事が出来るイメージ

仕事が出来る、というのは一概に定義するのは難しいところではあります。

自分がイメージする仕事が出来る人のイメージは、

・期限を守る
・連絡がマメ
・処理が速い

というところでしょうか。
他にもあるでしょうが、これが主なところです。あくまで個人的な見解ですが。

「期限を守る」というのは、当たり前のことではありますが、日々の仕事でボリュームの大小に関わらず、守られないことが多いように感じています。

もちろん、ペナルティが付いたり、大きな支障が出るような締切については守られていることがほとんどですが。

そういった法定期限のようなものではなく、自主的に取り決めた期限や約束を守るかどうかというのは重要なところです。

期限を1回でも守れなかったら仕事が出来ないということでもありません。その時々で状況は変わるでしょうし、期限を早めたり、遅くする方がメリットがあることもあるでしょう。

重要なのは、状況の変化を相手に伝えることが出来ているかということでもあります。これが2つ目の「連絡がマメ」に繋がってきます。

連絡の回数など頻度の問題ではなく、必要な時に必要な情報を伝えられるかどうか、このニュアンスが「マメ」という表現になるのかなと。

「期限を守る」「連絡がマメ」ということ自体は必要ですが、スピードも大事になります。「期限を守る」ための期限の設定が遅すぎたり、「連絡がマメ」であっても期限の変更の連絡が遅すぎると有効ではありません。

いつも最速である必要はありませんが、ある程度「処理が速い」ということは重要です。人よりも速ければそれに越したことはないでしょう。

一線を引くイメージ

こうした仕事が出来るイメージの人に、これまで接する機会もありました。直接仕事のやり取りがあったり、直接の関りはなくても仕事ぶりは見聞きしているなど状況は様々ですが。

そうした人達の中には、私のイメージ通りに朝から晩までバリバリ仕事している方も多くいらっしゃいますが、仕事に対して一線を引いているイメージの方も一定数いらっしゃいます。

良い悪いという意味ではなく、一定量以上の仕事は受けないように工夫している、定時に帰る、ということを徹底しているようなイメージです。

会社側としては、仕事が出来るからもっと業務量を増やして欲しい、他の人の手本になって欲しいなどの思惑があったりしますが、深くは入り込んで行かない感じでしょうか。

決して非協力なわけではなく、最大限会社側の要望には応えようとしている場合も多いです。

能力が活かせていない?

会社側としては、それだけ仕事が出来るのに、その業務量では能力が充分に活かせていないのではと思うでしょう。下手をすると、会社側の期待に応えていないということで、逆に評価が下がってしまうこともあるかもしれません。

もっと業務量を増やして、残業が発生することがあっても、他の人よりも短い時間で効率的に業務がこなせるなら、会社側としては期待に応えてくれていると考えたりするでしょう。

しかしながら、期待に応え続けることで、それがいつしか当たり前になり、もっともっと大きな成果を求めらるようになります。評価というのは、絶対値として明確な数値化が難しいものなので、期待値というのは無尽蔵なものです。

そして自分の許容量を超えてしまった時に、期待に応えることが出来ずに仕事への意欲さえも奪われてしまうことがあるかもしれません。その時には退職という道を選ぶ場合もあるでしょう。

こうした出来事を実際に目の当たりにしたり、聞いたりすると、仕事が出来る人であればあるほど、一線を引くことで自分の能力を最大限活かせるラインを模索せざるを得ないのでしょう。

全てに当てはまることではないですが、建前と本音の退職理由が違うということはこうしたことに起因しているのかもしれません。

おわりに

能力を活かせる環境というのは、提供する側とされる側の利害や思いが一致して初めてスタートラインに立てるのだと思います。そこから、変化していく利害や思いを上手く調整しながら、落としどころをその都度見つけていく。何より日々の対話が重要なのだと改めて思うところです。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務