派手さよりも堅実さを求められる場合もある

仕事を行う上で、充実感というのは大事な要素になります。人によって、充実感を得るポイントは違ってくるものです。

その中でも、人に求められるものを達成して得られる充実感というのは何事にも代えがたいものでしょう。

今回はこれまで関わってきた仕事の中で求められるものについて考えてみました。

規模の大きさ

組織に属して仕事をしていると、そこに関わる人やモノ、取り扱う金額の規模が大きくなることがあります。

何を持って規模が大きいかという線引きは難しいところですが、今私が税理士として独立開業して2年目という状況と比べれば、組織に属している方が規模は大きくなると言えるでしょう。

私自身は、初めて入った会社が上場企業であったため、従業員数や売上の規模はそれなりに大きいものでした。

システム部門にいたときには、システム構築に係る費用や管理するサーバー・端末等も多く、何か決めるのにも、稟議書から決済を取って、実行していくという過程を踏んでいました。

経理部門にいたときには、基幹システムの入れ替えなど、全社挙げてのプロジェクトなど、多額の費用と関わる人数も多く、また長期間に渡るものも多かったかなと。

その当時は、それが初めての会社だったので、特に規模が大きい云々というのは意識することなく、ある意味淡々と過ごしていたように思います。

そこから、税理士業界に転職して、勤務していた税理士事務所のときも独立開業してからも、仕事で関与させていただくのは、個人や中小企業がメインとなります。

そこで初めて規模の大小というのを認識するようになりました。規模が大きくなれば、求められるものが多くなり、同じ工程でも処理数やチェック項目が増えたり、複数人で対応することが多々あります。

時間を掛けて、チームを組んで、仕事に取り組むというのは、達成出来たときの充実感は大きいもので、他では味わえないものかもしれません。

ピンチを切り抜ける

このブログでも何度か書いていますが、ピンチを切り抜けるお仕事モノの映画やドラマを観るのが好きではあります。

期限のある仕事であれば、問題が発生して、期限に間に合わないかもしれない。何とか新たな道筋を考えて対処出来そうな目途がついたのに、新たな問題が発生して、もうダメかもしれない。

ギリギリのところで、起死回生の作戦を思い付いて・・・。現実問題としてどうなのかということは別にして、こういった展開はものすごく好きです。

実際の仕事の現場でも、映画やドラマのような展開とまでは行かなくても、追い込まれた状態で、何とか乗り越えて難を逃れたという経験もなくはないです。

問題が発生したときには、ある意味絶望感に陥ってしまって、目の前が真っ暗になることもありますが、その中でもがき苦しみながら、解決方法を見出して、一筋の光明が見えたときの何とも言えない感覚は他では味わえないものです。

天才的な閃きを誰もが持っているわけではありませんが、過去の経験値から導かれた方法であっても、それを知らない人からすれば、まさに天才なのではと思ってしまうものです。

堅実さが決め手の場合も

こうした規模の大きさの中で仕事を行えることやピンチを切り抜ける力を持っている人というのは、目に見えた派手さがあり、仕事の出来る人として、引く手数多のところがあるでしょう。

実際に、こうした方であれば、自分のアピールの仕方も熟知されているので、仕事の依頼をバンバン受けられるイメージがあります。

全ての人に当てはまるわけではないかもしれませんが、派手さを持った人であればあるほど、日々の堅実な積み上げる仕事とは離れていく傾向が強いと感じます。

それは良し悪しの問題ではなくて、両立がなかなか難しい派手さと堅実さを選ぶ際に、派手さを好んだというだけのことなのでしょう。

そう考えると、私もそうですが、堅実さを好むという方も一定数はいます。仕事を受ける側はもちろん、仕事を依頼する側も相手に堅実さを求めている場合は多々あると感じています。

私自身も、独立開業してから、規模は小さく、ピンチを未然に防ぐ努力を日々行いながら、堅実さを大事にしているところです。時には、派手さよりも堅実さがあるからお願いしていると言っていただくこともあります。

派手さを選べないことへの言い訳と取れないこともないですが、その時々の状況に合わせて、自分の価値を最大限活かせる場面を増やしていくことがまた仕事への充実感に繋がるものと信じて日々精進する所存です。

おわりに

友達としては派手さがあって面白いけど、一緒に仕事はしたくない。一緒に仕事をするなら堅実さを持っている方がいい。先日、ある経営者の方がおっしゃっていたことが印象的で、改めて考える機会となりました。

堅実さは狙って身に付くものではないので、自分が好みながら、いつまでもそう思っていただけるように、日々の継続が大事なんだと自分に言い聞かせているところです。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務