経営計画の作成は成果のあるものをきっかけとしてみる

事業を行っていく上で、目指すべき方向性や目的など、何らかの指標を持っておくことは有用です。

経営計画なるものを策定する、というのも一つの方法ですが、今まで作成したことがないとなるとなかなか進まないということもあるでしょう。

一から作成しようとしても、日々の業務を行いながらで、手探りとなることも多く、そもそも経営計画って何?というところから考える必要があるかもしれません。

そんな時には、何らか成果があるものに紐づけて、経営計画を作成するきっかけとするのもひとつの方法です。

今回は3つの例を挙げてみました。

なお、これらの情報は、2021年9月22日現在の状況となりますので、最新情報は、リンク先の情報等も合わせてご確認されますようご留意ください。

融資で必要となる事業計画書

新たに事業を立ち上げる、設備投資を行うなど、まとまった資金が必要となる場合、資金調達の方法として、銀行などの金融機関からの融資があります。

全ての事業者の方が、融資を受けなければならないというわけではありませんが、特に中小事業者の場合は、潤沢な資金がある場合は稀なため、融資を上手く活用しながら、事業を進めていくことが必要となります。

その際に、金融機関に提出する資料として、事業計画書は必要なものとなります。

調達した資金をどのように使い、その後の返済をどのような形で進めるかというのは、融資する側の金融機関としては、把握しておくべき事項になります。

事業計画を作成といっても、何をどこまで書いていくのかというのは、分かりにくかったりします。

新たに事業を始める場合の創業融資などで比較的よく利用される金融機関として、日本政策金融公庫がありますが、そこで事業計画書などある程度の必要なフォーマットを取得することが出来ます。

日本政策金融公庫ホームページ
各種書式ダウンロード

 

 

 

「25 事業計画書(中小企業経営力強化資金用)」であれば、A4用紙2枚にまとまるように、内容と数値を記入していくこととなります。

 

 

融資に必要となれば、期限等を決めて作成することとなり、進めざるを得ないというところです。顧問税理士がいるのであれば、数値面などアドバイスを求めてみるのもいいでしょう。

ローカルベンチマーク

金融機関からの融資でもそうですが、ローカルベンチマークで現状を把握し、今後の方向性を決めていく、というプロセスを求められる機会も増えてきました。

ローカルベンチマークとは何か。経済産業省のホームページで紹介されています。

経済産業省ホームページ
ローカルベンチマーク(通称:ロカベン)

 

経済産業省ホームページ
ローカルベンチマークチラシ(PDF形式:2,518KB)

 

作成するための、シートがExcelで用意されているので、そこに必要情報を入力していくことで、レポートのようなものが自動的に生成されます。

経済産業省ホームページ
ローカルベンチマーク(ロカベン)シート

 

 

経営力向上計画

税制や金融の支援等を受けるために、経営力向上計画の策定が必要という場合が増えてきています。

税制であれば、法人税等の税額控除やその税額控除の上乗せ措置などが挙げられます。

金融の支援であれば、融資の限度額に別枠が設けられるなどの措置が挙げられます。

中小企業庁ホームページ
経営サポート「経営強化法による支援」
税制措置・金融支援活用の手引き(PDF形式:1,413KB)(令和3年9月17日更新)

 

経営力向上計画の策定についても、手引きが公開されています。

中小企業庁ホームページ
経営サポート「経営強化法による支援」
経営力向上計画策定の手引き(PDF形式:1,959KB)(令和3年8月6日更新)

 

 

申請書自体は、A4用紙3枚程度のため、ボリューム的には多くないので、手を付けやすいかなというところです。

中小企業庁ホームページ
経営サポート「経営強化法による支援」
経営力向上計画の申請について
1-3.申請書記載例 外食 (PDF形式:377KB)(令和3年8月2日更新)

 

 

 

上記は記載例であり、説明書きが加わっているため、多く見えますが、内容としてはもう少しボリュームは少なめです。

この経営力向上計画においては、前項で取り上げたローカルベンチマークの指標が取り入れられており、ローカルベンチマークの策定もまた必要となります。

おわりに

今回は、詳細な内容の説明は省略しましたが、こうした制度はその時々の情勢や政策により変更されていくものであるため、その都度最新の情報を確認しておくことも重要です。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務