四季や年間行事など区切りを大切にしている

新しい年が始まり、1週間が過ぎました。新年ということで、気持ちを新たに決意を固めたり、いつものペースを崩さずに着々と進めていこうなど色々な迎え方があるでしょう。
世の中では年中イベントごとが世間を騒がし、その流行に乗る人、距離を置く人と様々です。
周りを巻き込んで派手にとまではいきませんが、私の場合は乗っかっていきたいタイプです。

イベントごとに乗っかる理由

自分自身の性格を考えてみると、最初から長時間・長期間かかりそうなことを始めることに億劫になりがちです。
いつまで続くのか分からないことに耐えられるか不安で、結果始めることさえできなかったということもあります。

またコツコツと作業を進めていくこと自体は好きなのですが、それが淡々と続いていくだけだとしんどいと感じてしまいます。誰もがそうかもしれませんが、ゴールが見えないものというのは非常にしんどいものです。

大袈裟かもしれませんが、人生においても、1日ごと・1か月ごと・1年ごと・・・と考えていけばずっと繋がっているもので終わりが見えにくいものだとも考えられます。その時に、先程とは逆の考え方で、長く続く人生に区切りをつけていくことで自分自身のモチベーションを上げていくことが出来るようになります。

そんなに大掛かりなことではなくても構いません。人それぞれの方法でいいと思うのですが、
 元旦にはお雑煮・おせちを食べる
 冬にスキーに行く
 節分で恵方巻を食べる
 ひな祭りにはちらし寿司を食べる
 春はお花見スポットに行く
 夏は海・プールに行く
 秋は紅葉を見に行く
 ・・・
などもっともっと細かい行事・イベントがありますが、手順・作法を大事にすべきものはちゃんとしつつ、ある程度は適当に楽しむことが必要かと思います。
積極的にそうしたことに乗っかることで、日々の生活に変化をつけることが出来て、しんどい時も乗り越えていけるようになりました。

メリット

イベントごとに積極的に参加していくことで、短期の目標が出来て、日々の生活にメリハリをつけることが出来ます。元々物事に対して積極的でない性格なので、これらのイベントごとに乗っかることで、少し積極的に取り組めるようになりました。
また、先のことでも、あらかじめ予定を考えて動いていくことを意識するようになりました。元々が、思い付きで遠出しようとしたりしていたので、少し改善した程度ですが。

デメリット

世の中には色々な種類のイベントがあるので、どこまで乗っかるかの選別が難しい部分があります。良い悪いという意味ではありませんが、ハロウィンなどは一部の人で少し過剰な演出の印象があり、自分の性格も考えて、全てに関わることが得策ではないと感じることもあります。
またイベントによっては、費用もかかるので、何でもかんでもというわけにはいかないというのは言うまでもありません。

小括

結局のところ、自分をしっかり自制出来る人はこんなことはしなくてもいいのかなとも思います。
これもまた日々の積み重ねの部分であるので、淡々とした日常も大切にしながら日々を過ごしていきたいです。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務