ものごとのはじまりは出会う人の影響が大きい

今でも続いているもの、続けられていないものなど色々ありますが、何かをはじめるときにはそこで関わる人の影響が大きいなと実感しています。。出会う人によって、やってみようというきっかけになったり、やっぱり止めようと思ったり。
今回は、やってみようと思ったエピソードになります。

今も続いているもの

ラーメンを食べることが好きなのですが、子供の頃はそれ程好きだっという記憶はありません。今考えてみると、ラーメン屋さんでのアルバイトがきっかけでした。

大学生3年生の時に一人暮らしを始めるまでは、実家から大学までドアtoドアで約2時間程の電車通学をしており、大学近くや通学途中の場所で夜遅くまでのアルバイトは難いなと思っていたので、実家の近くのスーパーでアルバイトをしていました。一人暮らしを始めて、ますますお金も必要となるので、すぐにでもアルバイトをしなければと思い、新しいアルバイト先を探すこととなりました。

アルバイト情報誌など見ていると、とにかく種類が多い。食費が浮くかなという安易な考えで、飲食店のアルバイトで探していたのですが、選び切れません。そこで、選ぶ基準をもっと絞ろうと思い、条件を考えてみました。一つは飲食店、もう一つは家から近いところ。これは、通学が長かったのがその当時まだ尾を引いており、出来るだけ移動時間を減らしたいという意図が自動的に働いたのでした。

紙面で見ていてもよく分からないし、家の近所がいいなら直接お店を見た方が効率的だと思い、近所まを探索するため家から出発しました。歩いて5分程した幹線道路沿いにラーメン屋さんを発見。最近引っ越してきたので、まだ食べに入ったこともありません。入口に近寄ってみると、アルバイト募集の張り紙が。これだと思い、すぐに中へ。時間帯は、お昼のピークを過ぎた夕方に入りかけた時間帯で、たまたまお客さんもその時いなくて、奥に店員さんが一人いらっしゃいました。とりあえず、アルバイトしたいんですけど・・・とお伝え。
同じ市内に数店舗あるチェーン店だったので、採用担当の方に連絡してもらい、面接の日時などまた決めて出直しかなと思っていたのですが、何とその方がたまたま店長さんで、その場で面接していただけることに。

といいながらも、面接というよりは採用前提で話が進んでいき、かなり序盤からいつから来れますか?という話に。いつからでも大丈夫ですとお伝えすると、明日の夜に来てという話になりました。自分で言うのも何ですが、ちょっと不安になり、「こんな感じで大丈夫なんでしょうか?」と質問をしてしまいました。お話をお聞きすると、アルバイト募集の張り紙はしてるけど、それ見て来た人は初めてで、おもしろそうやったから、とのことでした。

無事面接というかお話も終わり、帰ろうとすると、ラーメン食べていくか?と言っていただき、1杯ごちそうになりました。
その時の味は今でも忘れません。ライトなとんこつスープながらも、味がしっかりしていて、チャーシューもとろける柔らかさで、本当においしかったです。その時の衝撃が忘れられず、今でもまた衝撃的な出会いを求めて食べ歩いています。その系列店には定期的に今も食べに行っています。

今は続いていないもの

18歳で車の免許は取得しましたが、ペーパードライバーのまま社会人になりました。車を持つお金はないけれど、何か移動手段が欲しいと思うようになりました。原付バイクも考えたのですが、若かったこともあり、カッコよさを求めて、中型バイクに乗ろうと考えました。調べてみると、中型二輪車は別で免許が必要で、車を買うよりは費用は掛からないですが、10万円単位でお金が必要だと判明。

結構な大金のため、一度教習所で詳しい話を聞こうと思い、近くの教習所へ。話を聞いたり、実際に教習所でバイクが走っているのをみると、やってみたい気持ちが強くなってきたのですが、如何せんお金の面で悩むところでした。

その様子を見ておられたのか、その教習所の所長さんが、「バイクに乗ってみるか?」と声を掛けてくれました。最初は、2人乗りで後ろに乗せてもらうのかと思っていたら、もちろん教習所内ですが、アクセルを踏まずに、ニュートラルの状態で、スピードは遅いながらも、教習のコースを1周一人で運転させてもらいました。怖い気持ちもありましたが、それよりも遅いながらも風を切って走っている感覚が本当に気持ち良くて、あの感覚は今でも覚えています。

その後、その教習所に通い、無事中型免許を取得することが出来ました。中古バイクを購入し、少しづつ遠出をしたりしていたのですが、ある時マンションの駐輪場にあったバイクが無くなっていました。すぐに近くを探し回ったり、警察に届け出をしましたが、結局見付からず。そのショックも大きく、またバイクを買うこともせず、今に至ります。そんなこともあったので、今はバイクには乗っていません。

小括

極端な例を2つ挙げましたが、これ以外にもたくさんの出会いがあり、失敗や成功を繰り返してるなと感じます。最近は新しい出会いに億劫になる時もありましたが、過去の経験を糧にして、また新しいことを始めれるように出会いを大切にしていきたいなと改めて感じました。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務