中百舌鳥の「麺や 鳥の鶏次」に行ってきました

こちらも仕事で堺方面に行くときによく行くラーメン屋さんです。
濃い味が好きということで、鳥パイタンで探して見つけたお店です。最初は有名なお店とは知らず、いいお店を見つけたなと満足気だったのですが、後でネットなどでよく見てみると有名なお店でした。
今回は、いつもと少しだけ違うメニューを頼んでみましたので、その記録です。

店舗情報

麺や 鳥の鶏次
〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町2-300
<食べログ>
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27077479/
【営業時間】
11:00~翌0:30(L.O.24:00)
定休日:なし
TEL:072-240-1711

地下鉄御堂筋線なかもず駅や南海高野線・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅から徒歩5分以内で、交通の便はかなりいいです。お店の前の道沿いにコインパーキングが何か所かあるので、車でも便利です。駅から歩いてお店に向かう間にも、色々なお店があるので、開拓したいなと思いながら、なんだかんだでこちらのお店に落ち着いております。

注文

カウンターに座り、まずは注文です。よく頼むのは、鶏そば(醤油)とダイブ飯(梅)。一時は最後にご飯を残ったスープに入れて(ダイブさせる)、雑炊風に食べるのがブームの時がありましたが、今はあまり見ないです。というより、私が知っているのはこのお店だけです。
今回は、鶏次ホワイト(背脂)塩とダイブ飯(梅)を選択。ちょっとだけいつもと違うメニューにしてみました。他にも、つけ麺や焦がしニンニクが入った鶏次ブラックなど麺の種類は豊富です。改めて見てみると、サイドメニューも充実していて、骨付からあげやレアチャーシュー丼など他のラーメン屋さんではあまり見かけないメニューもありました。次回は新しいメニューにも挑戦していきます。

実食

濃厚なスープに見えますが、その通り期待通りの濃厚さです。「醤油」をいつも選んでいましたが、今回は「塩」。少しあっさりしていて、こちらもなかなかいいなと思います。麺は、中太で少し平べったい感じでスープによく絡みます。元々レアなチャーシューは好きですが、期待通り柔らかくて、歯応えもあり、美味しいです。
麺を食べ終わったら、ダイブ飯をスープに投入です。梅は大きめで食べ応えありますが、酸っぱさはそれほどでもないです。よく混ぜてレンゲでガツガツと食べます。スープが美味しいから、やっぱりこれも美味しい。あっと言う間に完食です。

最後に

ラーメンを食べるときには、塩分など気にして、泣く泣くスープは少し残すのですが、この時ばかりは無視です。食べた後、少し後悔するのですが、満足感に浸りながら、次のご飯は控えめにしようと誓うのでした。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務