北大路の「天龍」に行ってきました

新型コロナウィルス感染症の影響で、緊急事態宣言が発令され、多くの飲食店の客足にも影響が更に出始めています。「食」に関する記事として、訪れたランチをテーマに投稿していますが、投稿日や直近に訪れたお店ばかりを取り上げているわけではなく、以前に訪問したお店でも、思い付いた時に気ままに記事としています。

今回も、外出自粛要請が出ている最中の訪問ではないです。人それぞれ考え方もあると思いますが、またこの事態が落ち着いてきて、気兼ねなく外出が可能となったときに、また行ってみたいと思えるように記録を残していこうと思っています。

今回は、以前の職場の仕事関係でよく訪問していたところの近くのラーメン屋さんになります。前回に引き続き、京都となります。たまたま近くに行くことがあり、懐かしくなって寄ってしまいました。

店舗情報

天龍(てんりゅう)
〒603-8176 京都府京都市北区紫野上鳥田町59

<ホームページ>
見つけられず
<食べログ>
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26001202/
【営業時間】
11:30~15:00(L.O.14:30)
18:00~27:30(L.O.27:15)
定休日:無休
TEL:075-491-8880

最寄り駅は、京都市営地下鉄北大路駅ですが、駅から徒歩15分強ぐらいです。近いように見えるのですが、歩いてみると結構かかります。

定期的に訪問していたときは、電車で行くことが多かったのですが、12時40分に北大路駅に着く電車で、その付近に着くのは大体13時ちょっと過ぎるぐらいでした。

車で行く際には、コインパーキングはちょこちょこありますが、一番近いのはお店の前の道を北にちょっと過ぎてすぐ左手にあるコインパーキングです。ここは、信号ありますが、一方通行で左折出来ないため、一旦通り過ぎて、次の交差点を左折してグルっと回ってくる必要があります。後は、お店の道路向かいにもコインパーキングがありますので、特に不便はないかなと思います。

注文

お店の中に入って、席についてからの注文となります。少し前にリニューアルされたそうで、以前のいい感じの昔ながらのラーメン屋さんの雰囲気から少し感じが変わっていました。でも、元々の昔ながらの雰囲気は残っていて少し嬉しくなりました。

14時ちょっと前の訪問でしたので、私の他にお二組いらっしゃいましたが、比較的空いていました。12~13時は混んでいるみたいなので、たまたまかもしれません。

お店は奥に向かって左側にカウンター席があり、右手前がテーブル席、右奥が小上がりのテーブル席となっていて、広いです。案内された、カウンター席に座りました。

久しぶりの訪問だったため、よく食べていたラーメン焼飯セットを注文。他にも唐揚げの「骨付き」「骨なし」の付いた定食や「スジ」の付いた定食などガッツリ食べたい人には満足出来るメニューも豊富です。

実食

まずは、炒飯からです。私の好きな固めでしっとりした焼飯です。味付けも濃い目で食べ応えがあります。ラーメン屋さんで焼飯があるお店は特にまた行きたくなるのですが、こちらもその一つです。

醤油豚骨で味はしっかりしているけど、意外にしつこくないという、私の好きな京都のラーメンという感じです。麺もつるつるで濃い目のスープによく合います。

チャーシャーは薄切りで大きく主張はしてこないですが、スープと麺とのバランスもよくてちょうどいい感じです。

見た目のボリューム感はないように見えますが、食べ終わると大満足で、また来たいなと思ってしまいます。

最後に

やっぱり京都には定期的に訪問したいところです。仕事でも訪れることが出来るように、頑張ろうという力の源になりそうです。

写っているラーメン鉢ですが、大学生の頃に、ラーメンが好きだということで、何かのプレゼントで、同じようなラーメン鉢をもらって喜んでいたのを思い出しました。今もまだ家にあって、たまに使うこともあります。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務