人の意見は聞くべきだが、選択実行するのは自分

今はまさに新型コロナウィルス感染症の影響で、通常とは違う状況が続いています。自分が関係する周りの情報だけでは、世の中の状況を把握出来ず、テレビ、新聞、Webからの情報を見ながら、聞きながら、自分の行動をどうするかを判断していく必要があります。

情報が多くあることは、有難いことでもあるのですが、多ければ多い程色々な見方や考え方があって、時には真逆となる情報が混在することもあります。そんな時には、結局自分がどうするかを決めなければなりません。

税理士として独立開業するときにも、色々な情報を見聞きしながら、最後には自分で決断することとなりました。今回は、決断するまでの過程の中で考えていたことについて、整理しておきたい思います。

勤務先の反応

税理士事務所では、歓迎されるされないは別として、独立開業するというのはある意味よくあることなので、突拍子もないということでもないのですが、そういう予兆がなければ、それなりにびっくりされるものです。

当時の所長であったり、上司の方などは、割と冷静に対応を進めていただいたイメージです。実際どうなるかは分かりませんが、税理士業界では、顧客が大規模な事務所に集約されていき、小規模な事務所は苦しくなるというようなお話も聞いたりしますが、それを心配してか、業界の流れに逆行していくことの大変さを教えていただくこともありました。

同僚の方など、特に税理士の方や税理士資格の取得を目指されている方からは、ご自身の今後についてのお考えもあるのか、励ましの言葉をもらうことが多かったように思います。全員が独立開業をするわけではなく、そもそも独立開業することだけが税理士としての目標であるわけでもないのですが、自分もそうでしたが、誰かが職場を去る時には何か今後のことを改めて考えさせられる機会になるのだと思います。

知り合いの反応

税理士業界ではない方にも報告であったり、ちょっと相談という形で、独立開業の話をしていました。やはり世間のイメージなのか税理士という資格と独立するという響きは夢があるように聞こえるようです。

「すごいね。」というのが一番よくお聞きした言葉でした。次が「儲かる」というキーワード。そういう人は多くいらっしゃると思うのですが、自分がそうなるというイメージはまだ描けずに粛々と業務に取り組んでいます。お店でご飯を食べながら話をしている場合、そう言われると、お会計は自分が払わないと、と思ってしまうので、今考えるといい作戦だなと思います。とは言いながら、大体こちらから話を聞いてもらうために、お呼びしていることが多いので、自然とそういう流れになったということだったと思うのですが・・・。

逆に身内など近い人からは、まず本当に食べていけるのかなどの心配が先に来ていたように思います。税理士業界について知っていても、全然知らなくても、独立するというのはやはり不安定なイメージが常に付きまとうのだと実感しました。

既に独立開業されている税理士の方や別の税理士事務所に勤務されている方などからは、開業場所や顧問先の状況などより具体的なお話というよりも質問・確認が多かったように思います。

特に開業されている方からは、自分が開業する前に準備しておいたことや失敗談などを教えていただき、それも押し付けがましいところがない場合も多く、やはり同じ立場になったことがある人というのはそういう点では気持ちが分かり易いのかなと思います。

クライアントの反応

勤務していた税理士事務所では、定期的に訪問するなど担当していたクライアントがあったので、後任者への引継ぎと合わせて独立開業のお話をさせていただいていました。

お会いするのは法人や個人事業の代表者の方にお会いすることが多かったので、ご自身がリスクを背負って事業をされているということもあり、激励や一緒に喜んで下さったり、何も言わずに握手をして下さったりと温かく受け入れていただように感じています。

もちろん経営者でもいらっしゃるので、今後の事務所としてのサポート体制の確認など、実務的なお話の確認から入られる方もいらっしゃいましたが、経営者として必要な措置であり、私としても丁寧に受け答えすることを心掛けていました。

色々な反応を見ることになりましたが、それはこれまでの自分の評価でもあるので、真摯に受け止めることが必要なのだと思います。

おわりに

独立開業するにあたっては、色々な人の反応が見れたりして、温かいお言葉、厳しいお言葉をいただくこともありましたが、結局は選択するのは自分です。人から良い話でも悪い話でも聞けば聞く程、迷いが生じてしまうこともあるでしょう。

ある意味では、図太く思い切って決断してしまうことも必要なのだと思います。何も考えていないわけではなく、無心で進めながら微修正しつつ、大きな失敗を回避しながら、自分のやりたいことを見定めて、面白いと思える仕事を少しづつでも増やしていければなと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務