国税のクレジットカード納付は始めやすい

2019年10月からの消費税率10%への引き上げに伴い、その動きに合わせて需要平準化対策としてキャッシュレス・ポイント還元事業が推進され、キャッシュレス決済が更に身近に感じられるようになってきました。

納税についても、納付書を金融機関に持ち込んでの支払いだけではなく、個人の振替納税やダイレクト納付など納付方法も選択肢が増えてきています。

今回は、キャッシュレスでの納付を行う際に、手間が少なくて、取っつきやすい方法としてのクレジット納付を取り上げます。なお、2020年4月15日執筆時現在の状況になりますので、システム対応等変更があった場合など適宜読み替えていただきますようお願いいたします。

国税のクレジットカード納付の概要

クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。
国税庁HP クレジットカード納付の手続」より

利用可能な税目も一部を除いて、ほぼ全てにおいて可能となっています。利用できない場合は、納付書を使った納付を元々していないものになるので、イメージしやすいかなと思います。
具体的には、下記のように非常に多くの税目に対応しています。

・ 申告所得税及び復興特別所得税
・ 消費税及び地方消費税
・ 法人税(連結納税を含む)
・ 地方法人税(連結納税を含む)
・ 相続税
・ 贈与税
・ 源泉所得税及び復興特別所得税
・ 源泉所得税
・ 申告所得税
・ 復興特別法人税(連結納税を含む)
・ 消費税
・ 酒税
・ たばこ税
・ たばこ税及びたばこ特別税
・ 石油税
・ 石油石炭税
・ 電源開発促進税
・ 揮発油税及び地方道路税
・ 揮発油税及び地方揮発油税
・ 石油ガス税
・ 航空機燃料税
・ 登録免許税(告知分のみ)
・ 自動車重量税(告知分のみ)
・ 印紙税

また、本税だけでなく、延滞税等の納付も可能です。
詳細は、クレジットカード納付のQ&Aを参照下さい。

インターネット上の支払いサイトを使用するため、受付時間は基本24時間で、1度の利用につき利用限度額が1,000万円未満となっており、ある程度の金額までは使用できるのではと思います。

実際の手続き方法

特に事前の登録・申請などは必要ありません。
専用サイトにアクセスして、納付手続きを進めていくことになります。

国税庁HP クレジットカード納付の手続」より

「1.③」のe-Taxを利用して、メッセージボックスに格納される受信通知からのアクセスは、
別の記事「源泉所得税の納付におけるダイレクト納付のススメ
でメッセージボックスの受信通知から「ダイレクト納付」ではなく、「クレジットカード納付」を選ぶことで進むことができます。

国税庁HP クレジットカード納付手続の流れ」より

注意点

・決済手数料がかかる
利便性にかかる費用と捉えるか、クレジットカード利用金額に応じたポイントとの兼ね合いで考えるか、色々な考え方があります。税金の場合には、ポイントが付かないというカード会社もあるようなので、ポイントに重点を置く場合には、必ずカード会社等に確認を必ずしておくことをお勧めします。

国税クレジットカードお支払サイトより

・納付先税務署
「お近くの税務署」で検索すると、パソコン等の操作をしている場所の近くの税務署が表示されるため、納税地を所管する税務署となっているかの確認が必要となります。

・利用可能額
1度の手続きにつき1,000万円未満が上限ですが、2回以上に分けて決済手続きすることで、1,000万円以上の納付額でも利用できる場合があります。ただし、お使いのクレジットカードの決済可能額がその金額に対応しているかの確認が必須です。場合によっては、カード会社にあらかじめ納付金額を伝えておく必要がある場合もあります。

・利用可能時間
基本は24時間ですが、e-Taxからメッセージボックスの受信通知を開いて手続きする場合などは、e-Taxの利用可能時間にしか手続きが出来ません。年末年始などは稼働していないので、確認が必要です。

e-Taxの利用可能時間

おわりに

手軽に納付手続きがクレジットカードで出来るというのは利便性の面などメリットとなりますが、決済手数料がかかるのが悩みどころかなと思います。

また、法人決算の場合は、地方税がクレジットカード納付に対応していない場合もまだまだ多いので、国税はクレジットカード納付したいけど、地方税は納付書で金融機関に出向いて納付するので、それなら国税も納付書でとなってしまうこともあるようです。

ダイレクト納付という方法もありますが、最初だけ少し手間がかかるので、せめて地方税も全国統一でクレジットカード納付が出来るようするなど利便性だけでも改善されればなと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務