Bluetoothイヤホンで音楽を聴きながら走る

新型コロナウィルス感染症の影響でマラソン大会が軒並み中止になっていくことは仕方のないことですが、マラソンを始めたばかりの者としては、目先の目標が無くなり、少しテンションが下がっているのは事実です。

当面は週末に長めの距離を走ることで地道に練習は続けて行こうと思っています。これまで、走る時に音楽を聴くということはほとんどしてきませんでした。今回、自分の中では長めの距離を定期的に走ることを目指すのに、何か気持ち的に後押しとなるものがないかと考えて、音楽を聴きながら走ることを改めて試してみました。

少し工夫したことなど、備忘として記録しておきたいと思います。

音楽を聴きながら走らなかった理由

基本的に走るときには、何かをしながらということには少し抵抗がありました。


それは、トレーニングでもあるので集中してやるべき、音楽を聴きながらなんてトレーニングにならないのではという思いがありました。

根拠はありませんし、それをしている方に物申したいわけでもありません。あまり器用な方ではないので、同時に色んなことをすると集中出来ず終わってしまうことを恐れていたのかもしれません。


また、音楽を聴きながらだと、周りの音が遮断されて、危険を察知するのが遅れたりして危ないのではないかなというのもありました。

実際に何か危ない目にあったとかではないですが、自分が歩いている時に、前から来る人がいて、こちらは気付いているが相手は明らかにこちらを見ていない。このまま進むとぶつかるなと思ってこちらが少し避けても、相手は全く避けなかった時に、相手の方をよく見るとイヤホンしているみたいなことが何度かあったので、音楽などを聴いていると周りが見えにくくなるのだなという刷り込みがあったのかもしれません。


以前に、思い付きで音楽を聴きながら走ってみたことはあるのですが、当時持っていた装備は、スマホと付属のイヤホンでした。聴ける音楽は、アルバムCDが1枚分であまりレパートリーもなく、イヤホンをスマホに繋いだ状態で走るので、振動で耳にフィットしにくく、位置情報から走った距離などを測定するアプリも起動させていたので、スマホの電池の消耗が激しすぎて、途中で諦めて無音で走ることになりました。

後押しとなったサービス

そんな思いや経験があったので、しばらく音楽を聴きながら走るということはありませんでした。それでも、走る楽しみを一つでも増やしたいという思いが最近強まってきていました。

意図していたわけではないですが、たまたま事務所でスマートスピーカーを使うようになり、音楽ストリーミングサービスの「Spotify」を利用するようになりました。

最初は、色んな曲が聴けるので楽しかったですが、自分が聴きたい曲を指定することが出来ないことが少し不便な時がありました。無料のプランを利用していたのですが、どうやら有料のプランだとそういった機能も使えるらしいということに気付きました。

月1,000円ぐらいですが、自分が使う頻度で考えるとコストを掛けてまで利用するのかなという思いもあり、有料プランへの切り替えを迷っていました。

そんなときに、別のスマートスピーカーをプレゼンしてもらえることになり、自宅でもスマートスピーカーを利用することになりました。家族で使うということで、音楽を聴く機会も多くなり、コストを掛けるだけの価値があると判断して、有料プランに切り替えてみました。

スマホのアプリでも聴けるので、どこでも好きな曲を聴ける環境を意図せず確保することが出来たのでした。

後押しとなったグッズ

従来の端末に有線で繋ぐイヤホンからワイヤレスイヤホンなど進化したものがどんどん出て来ているのは知ってはいましたが、Apple社のAirPodなど高性能だけど値段が結構するものというイメージがあって、試しに購入しようというところまで及んでいませんでした。

そんな時に、子供から100円ショップのダイソーで売ってるワイヤレスイヤホンを買いたいという話がありました。最初はそもそも売ってるのか?という疑問から始まり、売ってたとしても使い物になるんかなという疑念もあって、大丈夫かなと心配なぐらいでした。

実際のところ、100円ではなかったですが、子供が使っているのを見ていると、ちょっと音楽を聴いたり、動画を見たりするぐらいですが、支障は全くなさそうです。

そこで、たまたま立ち寄った「3COINS」で売っていたスポーツ用のBluetoothイヤホンを購入しました。
3COINS Bluetoothイヤホンスポーツタイプ

Bluetoothイヤホンスポーツタイプ
¥1000(税込¥1100)

まだ付けて走ったのは2回だけですが、ゆっくりで1時間半ぐらい走っても特に問題なさそうです。そのまま、耳に付けても少しケーブルがダブついて、走っていると音量調整のリモコン部分の振動で耳から外れそうになるので、右耳の周りを1周させてリモコン部分を耳の上に密着させてダブつかないようにする必要はあるかなと思います。

実際走っていて気付いたのですが、音量を抑えておけば、周りの音もちゃんと聞こえてくるし、朝方など人や車が少ない時間帯や場所を選べばリスクも少ないのかなと思っています。

おわりに

外出の自粛もすべきですが、人との接触がないところへの適度な外出はあってもいいのかなと思います。気分転換にもなりますし、いつまで続くか分からない状況でも長いスパンで気持ちを落ち着けることもできるのかなと。

もちろん、それでも手洗い・うがいはきっちりとすることが前提ですが。

グッズ一つで今までのやり方を変えれる可能性があるというのは、今回のことに限らず意識しておきたいなと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務