有言実行もいいが、続けるために不言実行してみる

新しいことを始めるとき、続けていたことを辞めるときには、何かしらのきっかけが必要な場合が多いです。でも、そのきっかけは必ずしも自分以外の人に宣言する必要はないのでは?今回はそんなお話です。

有言実行の呪縛

明日からダイエットのために運動する、仕事の役に立つかもしれないからこの資格の勉強を始める、など新しくものごとを始める時には、実行することを具体的に決めて、実際に行動することが必要です。

しかしながら、これまで日常化している日々の生活や仕事の中に時間を作って、新たな行動を起こすということは、思った以上に大変です。
そのため、なかなか行動に移せないという経験が誰しもあるのではないでしょうか。

私自身も、人と話をしたり、テレビを観たり、本を読んだりする中で、これやってみたい!と思うことに出会っても、なかなか実行できていないということが過去にも現在もちょくちょくあります。

そんなときによくアドバイスとしてお聞きするのが、誰かに宣言することで、自分にプレッシャーをかけて、行動に繋げようとする、いわゆる「有言実行」というものです。ダイエットのために運動する場合であれば、家族など身近な人から、職場の同僚や知り合いなど会う人に対して幅広く周知することで、自分がサボりがちな時に他人のチェックが入るので、運動しなければという気持ちになり易いのでしょう。

ただ、そのプレッシャーを上手く活用出来ている間はいいのですが、いざそのプレッシャーに耐えられなくて挫折することが出てきてしまうと、有言すると実行しなければならないというプレッシャーがかかり、やりたいことを抑えてしまうということが起こり得ます。

実際に私も過去に、ダイエット目的ではないですが、運動を習慣化しようとしたときに、本当に続けられる見込みが出来たら有言実行しようと思い、結局そのままやらなかったということがあります。他にも細かいことを挙げれば、キリがありません。

もちろん言葉の力というものは大きくて、覚悟を決めてやるときには大いに効果を発揮することもありますが。

自分で決めて、すぐ動く

有言実行は途中で簡単に諦めないための一つの方法ではあるのですが、始めることを躊躇させる要因にもなってしまいます。なので、時には思い立ったときには、不言実行することも必要です。

自分で決めて、すぐ動くようにしていれば、とりあえずは始めることが出来ます。色々な考え方がありますが、やってみなければ分からないということは往々にしてあるのかなと。

どんなに覚悟を決めてやってみたことでも、続かないものは続きません。人生を左右するようなことであっても、無理な場合は撤退して、別の道を探すということも必要です。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではないですが、実現可能性のあるものは最大限持っておいて損はないかなと。断念した数が多くても、数少ない実現したことが、今の自分に繋がっているとも言えます。

例えば私の場合で言えば、就職活動の際に資格を取ろうと思い立ち、就職に有利になるかなという安直な発想ではありましたが、当時注目され始めていたファイナンシャルプランナーの資格のAFPの勉強を始めました。

結果的には、AFP資格は取れず断念、ライフプランナーとは関係ない会社に就職することになりました。その後、システム関係の部署に配属されたことをきっかけに当時あったシステム系の資格で初級システムアドミニストレータというものがあったのですが、自分のレベルアップのために資格取得をしようとまた思い立ちました。何とか初級システムアドミニストレータの資格は取ることが出来たのですが、その後経理の部署に異動することになり、税理士の道を進むことになります。その辺りのことは別記事でも書いています。

税理士を目指したきっかけ(前編)
税理士を目指したきっかけ(後編)

初級システムアドミニストレータという資格はあまり活用出来る場面はないかなと思っていたのですが、その後の税理士業界でもシステム化の波はもちろんあるので、システム関係の基礎知識を取得していたことは大いに役立っており、今税理士として独立開業してからも、システム関係に抵抗なく取り組めるというのは良かったなと思える点です。

不言実行を積み重ねる

何が自分にとって、役に立つかは分かりません。忘れた頃に、活用出来るということもあり得ます。そのためには、不言実行でもとにかくやってみて、続けること、断念することを積み重ねていくことが大事なのかなと。

有言実行だと、言ったことを実現させているということが周りからも評価されて、気持ちがいいものですが、不言実行でもそれを積み重ねていくことで、自信に繋がっていきます。そこから、また新しいことに取り組もうという気概が生まれてくるものです。

極端な言い方かもしれませんが、何か新しいことを始めて継続していくには、如何に自分が気持ちいい状態でい続けられるかではないかなと思っています。もちろん、完全に間違った方向に進んでいる時には、修正するために自分以外の方からの指摘が必要ではありますが。

おわりに

最近は新しくやりたいことを思い付いた時には、とりあえずやってみることにしています。コストがかかる場合には躊躇することもありますが、お試し期間があるサービスが増えているので、その辺りは進めやすいと感じています。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務