行きたいお店を目指して走る

オンラインでのマラソン大会中心だったのが、少しづつリアルで走る大会が増えてきているように感じます。しかしながら、2020年から始まる新型コロナウィルス感染症の影響で、12月に入ってから感染拡大の第3波が来ていることもあり、いつ中止になるか分からないような状況です。

焦ったりやきもきしたりしても仕方がないので、そんな中での日常のランニングの楽しみ方を模索している、今回はそんなお話です。

マラソン大会への参加を迷う

2020年12月17日現在で、オンラインや周回コースを十何周するような大会ではなく、ある程度の長いコースをフルマラソンで走れる大会というのは関西でもほとんどないような印象です。大阪で淀川沿いのコースを走る大会が唯一あるぐらいで、今のところは2021年3月に予定されているようです。

今までの流れであれば、近隣でようやく開催されるフルマラソンの大会なので即参加としていたかもしれませんが、少し迷っているところです。

大会が開催される2021年の3月のちょうど一年前にフルマラソンの大会に参加を申し込んでいたのですが、新型コロナウィルス感染症の拡大が懸念され始めた頃で、直前で大会は中止となりました。

そのこと自体は、よくよく考えた上での主催者側の判断でもあり、特に良い悪いということは思わないのですが、大会が無くなることでモチベーションが下がることは事実としてあります。

そんなことは良くあることで、ランナーであれば粛々と次の大会に向けてまた練習を再開すればよい、というのが理想ではありますが、まだまだ初心者である私からすると結構キツイものがあります。

この前も新型コロナウィルスの影響ではないですが、台風の影響でハーフマラソンを走る予定の大会が中止になりました。その辺りは以前の記事でも書いています。

大会ではなくてもゴールしたら達成感はある

もちろんそのことで大会以外でも、楽しみ方があるということが分かったので、良かった点はあるのですが。

目標がない中でのランニング

大会に向けての練習ではなく、続けるための練習は何とか続けることが出来ています。週1回休日の早朝にゆっくりしたペースである程度の距離を走るようにしていて、時間で1時間30分~2時間で区切ったり、距離で15~20kmぐらいで区切ったりしています。

基本的には、安全に配慮しつつ、ワイヤレスイヤホンでラジオを聴きながら走っています。休日の早朝で、あまり人通りがないコースを選んで走っているため、新型コロナウィルス感染症の対策は最小限で済ませています。

時間で区切るにしても、距離で区切るにしても、毎週毎週淡々とランニングをしていると、ちょっと精神的にしんどいなと思うこともあります。大会など明確な目標に向かって走っていると、モチベーションも上がっていきますが、いつまでかは分からないが大会が再開されるまで頑張るというだけでは、走っていても時間や距離ばかり気にしてしまいます。

それでもまだ1年ぐらいですが、コツコツと走ることを続けてきて、少しづつ楽しみも覚えてきたので、サボるというのも何だか嫌な気がしています。何とかモチベーションを上げる方法はないかなと思っていました。

行きたいお店を目指して走る

新型コロナウィルス感染症の影響による自粛で、しんどいなと思うことは色々とありますが、一番しんどいのは、自由に出歩いて好きなものを食べに行くことが制限されるということです。

感染症対策をきちんとしているお店で、お客さん側も協力しながら、感染症対策をしていくということで外食など出来なくはないですが、明らかに頻度が減ってしまっています。それが楽しみだった人からすれば、精神的なダメージはちょっと大きいかなと。

色々なお店の情報をメディアやSNSなどで見ると、更に行ってみたいなという思いが強くなってしまいます。それが嫌なら、そういった情報を遮断すればいいのでは?というご意見もあるとは思いますが、情報を見るだけでも楽しくなるということもあるので、そこはご勘弁いただきたいところではあります。

そうやってもやもやとしている中で、たまたまランニング中に、SNSで紹介されていたラーメン屋さんが近くにあると気付いて、何とはなしにお店の前まで走っていくことにしました。

私自身は少し方向音痴なところがあり、初めていくような場所であれば、スマホで地図を表示させながらでもよく迷います。時間がない時にはお店まで辿り着けないこともあったりします。そのため、人を案内するような時には、事前に場所を下見することもあります。

そんな下見のような感じで、ランニング中に行きたいお店まで行ってみました。途中やっぱり迷いましたが、走っているので、時間のロスは普段より少ないように感じます。早朝なので、もちろんお店は閉まってはいましたが、ちょっとした達成感がありました。そして、これで次に実際に食べに来る時には迷わないなという変な自信がつき、満足感に浸っていました。

最近では、行きたいお店を目指して走るようにしています。小さな達成感ですが、自分のやりたいことにマッチしているようで、長い距離を走るのが再び楽しみになりつつあります。寄り道をしているので、ペースなどは極端に遅くなることもありますが、あまり気にせず走れるようになったというのは大きいかなと思います。

おわりに

これまでは、時間や距離で縛りつつ、ペースを崩したらダメと思い込み過ぎて、窮屈になっていたのかもしれません。長く続けることを考えれば、ゆるりと緩急をつけることも必要なことなのだと改めて実感しました。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務