LINEグループのビデオ通話を使ってオンラインミーティングしてみる

以前から遠隔地同士でオンラインミーティングを行ったり、オンラインセミナーを受講したりなどオンラインツールはひとつの手段として徐々に普及してきていました。

それが2020年に始まる新型コロナウィルス感染症の影響で、オンライン化の流れは飛躍的に進みました。その流れに伴い、オンラインツールが一気に注目されZoomMicrosoft Teamsなど今までオンラインツールに触れて来なかった人にも馴染み深いも尾となりました。

今回は、手軽さという意味ではスマホの普及と同じくらいに普及しているLINEを使ったオンラインミーティング等での活用についてまとめてみました。

これらの情報は、2021年4月28日現在の状況となりますので、最新情報は、リンク先の情報等を合わせてご確認下さい。

オンラインツールは使い易いとは言うけれど

私自身は、ITに特別強いというわけではありませんが、新しいことに触れることは好きな方で、ITツールを使うこと自体には抵抗はない方だと思います。

ZoomMicrosoft Teamsなどオンラインツールを使ったミーティングなどの打診があれば、その操作方法やマニュアルなどを見ながら試してみることをある程度は楽しみながら行うことが出来ます。

もちろんマニュアル等を詳しく見なくても、直感で操作出来るような部分も多いので、使いながら慣れていくという面が多いですが。

そんな私でも気軽さという点では、少しハードルがあるなとは感じています。

税理士として独立開業してから、個別の税務相談などを受けることがありますが、対面・オンラインと選択肢を提示すると、一定数の方は対面を希望されます。

理由は様々でしょうが、ある程度操作は簡単とは言っても、慣れないこともあり、普段から頻繁にオンラインツールを使っていなければ、そのためにわざわざアプリをインストールして・・・というのはハードルが高くなるのかなと思います。

年齢だけが要因ではないですが、ある程度高齢の方になると、オンラインでの面談を希望しないという割合は増えてくる印象です。例えば、自分の親で考えると、オンラインツールの使い方をオンラインで説明してというのはかなりハードルは高いと感じてしまいます。

LINEの「グループ通話」機能を使う

私が見聞きする範囲だけかもしれませんが、パソコンやスマホは苦手と言っている方でも、LINEは普通に使っているという場合が多いです。

メールはしないけど、LINEは出来る。両方とも使っている方からすれば、何で?と思われるかもしれませんが、そういった方は多いです。

オンラインミーティングをする対象者の方が全員LINEを使っている・繋がっているのであれば、「グループ通話」機能を使ってオンラインミーティングを行うのもひとつの方法です。

LINEみんなの使い方ガイド
グループ通話をする方法

パソコンでLINEを使うことも出来て、他のオンラインツールと同様に画面共有機能などもあります。何より複数人で使用するときでも基本は無料なので、グループで気軽に使いたいときには便利かなと。

 

以下、基本的な部分のみ抜粋しています。

 

 

 

 

 

 

仕事でプライベートのLINE使うのはちょっと・・・という場合には

プライベートに近い関係性のグループであれば、気軽にLINEでということは出来ますが、仕事で使うというときには躊躇するかもしれません。

もちろん使い方を間違えなければ、プライベートとの線引きは可能ではありますが、きっちり分けたいというときには難しい面があるでしょう。

そんな時には、ビジネス版のLINEを利用するのもひとつの方法です。
もちろん有料ではありますが、ビジネスとして使うためにきっちり分けたいというのであれば必要なコストかなと思います。

LINE WORKS
トーク

 

 

 

お試しで始めて使い勝手を見るというのもいいかもしれません。

LINE WORKS
利用料金

おわりに

LINEのグループ通話もLINE WORKSも利用する機会がありましたが、LINEの操作に慣れていればすぐに使いこなせる印象です。セキュリティの問題など懸念される点はありますが、気を付けながら使い易いシステムを積極的に利用していくことも大事かなと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務