一時支援金の申請期限・延長手続き、月次支援金のスケジュール感

2021年1月に発出された緊急事態宣言以降の影響を受けた事業者の影響緩和のための制度として一時支援金・月次支援金が創設されています。

2021年5月31日現在では、緊急事態宣言の延長がなされ、新型コロナウィルス感染症の影響については、まだまだ予断を許さない状況が続いています。

それに合わせて、一時支援金の申請期限の延長などスケジュールが変更されるなど、状況に合わせた変更が行われています。

今回は、一時支援金の申請期限・延長手続き、月次支援金のスケジュール感について、改めてまとめてみました。

これらの情報は、2021年5月31日現在の状況となりますので、最新情報は、リンク先の情報等を合わせてご確認下さい。

一時支援金・月次支援金のスケジュール感

一時支援金・月次支援金の概要については、以前の記事で取り上げています。

一時支援金の事前確認の依頼について

月次支援金の事前確認の依頼について


2021年5月31日現在で把握できるスケジュールとしては、下記のようなイメージです。

一時支援金の申請期限の延長

一時支援金の申請については、当初の申請期限は、2021年5月31日とされていましたが、申請期限に間に合わない合理的な理由がある場合には、申請期限の延長を行うことが出来るようになりました。

一時支援金ホームページ

 

一時支援金ホームページ
申請に必要な書類の提出期限延長の申込受付を開始しました

 
延長期間は2週間程度とされていますが、まだ具体的な日付は提示されていません。

どちらにしろ、申請期限の延長には、

「申請IDの発行」
マイページからの「提出期限延長の申込」

上記2つの手続きを2021年5月31日までに完了させておく必要がありますので、そちらを優先して手続きされることをおススメします。

一時支援金・月次支援金の事前確認の依頼について

一時支援金・月次支援金については、登録確認機関における事前確認の手続きが1回は必要となります。

事前確認や登録確認機関の探し方については、こちらの記事をご参照ください。

一時支援金の事前確認の依頼について

月次支援金の事前確認の依頼について

一時支援金の申請で、事前確認を受けていれば、月次支援金の申請においては、事前確認は省略することが出来ます。

一時支援金の申請をしていなくて、月次支援金の1回目の申請の場合には、事前確認が必要となりますが、2回目以降は省略することが出来ます。

例えば、下図でいえば、「月次支援金 4月分」の申請の際に事前確認を受けていれば、「月次支援金 5月分」「月次支援金 6月分」の申請の際には、事前確認は不要となります。


一時支援金・月次支援金の事前確認を依頼する際には、報酬の有無等を確認されることをおススメします。


弊所では、個別コンサルティングに該当するサービスとして、一時支援金・月次支援金の事前確認を行っています。
下記のメニューから申込をいただく形となります。

エフティエフ税理士事務所ホームページ

単発サポート

個別コンサルティング

時間当たりのタイムチャージとなりますが、一時支援金・月次支援金の事前確認については準備いただく資料等がきちんと揃っていれば、1時間以内には完了することが出来ますので、1コマの料金を想定しています。

書類の不備など、こちらの不備以外の理由により時間がオーバーする場合には、その分のコマ数の報酬が必要となります。

なお、大阪市福島区で事業をされている又は在住されている場合には、地元応援の意味を込めて、一律3,300円(税込)で請け負っています。お申し込み時に、その旨お伝えください。

おわりに

一時支援金の申請期限延長に伴い、いつまでに何をすればいいのか、まだ間に合うのかが分かりにくいところがあります。改めてスケジュール・支給要件についてご確認いただき、申請出来るのに見逃していたという方の気付きになれば幸いです。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務