ゆっくりとした移動手段も選ぶ

時間は限られているので、移動に時間を掛けたくない。

正しい考え方だと思います。

私自身も多くの場合、最短で移動できる方法を選ぼうとします。

ただ、何となく息が詰まってきて、何かに追われているような感覚になることもあります。

行動範囲は限られるが

子供の頃の移動手段としては、もっぱら自転車か徒歩かぐらいでしょうか。

何なら走るというのも選択肢に入っていたかもしれません。

今振り返れば、体力的に厳しいからという理由で躊躇するということはあまりなかったように思います。

もちろん、行動範囲は限られているので、自分達だけで移動できるところといえば、隣町までぐらいなものでしたので、知れてはいましたが。

あそこを目指そう!と思い立って、自転車でお尻が痛くなるまでこぎ続けてみたり。

どこに出るのか分からないままに、森の中の山道を進んでいって、パッと視界が開けるところに出た!と思ったら、家の近所で全然遠くまで行けていなくて、がっくりすることも。

徒歩や自転車だと、時間がかかる割には、距離としては思った程進んでいないので、それを成果と呼ぶのならば効率は悪いかもしれません。

それでも、目的地に早く着くことだけを目指していないのであれば、時間がかかることは無駄ではないでしょう。

時間があっという間に過ぎてしまうという経験は、今でもありますが、子供の頃の感じ方とは少し違うのかもしれません。

深く考えずに、ものごとに夢中になっていくときの感覚は、先行きを考えずに動けたからこそ得られるものなのでしょう。

今とはなっては、集中することで時間があっという間に過ぎることはありますが、夢中とまではなかなかいかないところです。

自分のペースに合ってくる

今日1日で、ここに行って、次にあそこに行って、最後にそこに行くという場合。

ゆっくり移動していたのでは、間に合わないということもあるでしょう。

そこを無理して徒歩でとすることが必要かどうか。

予定が決まっているのならば、効率的に移動できる方法を選択するのが最善の策でしょう。

その時に考えておきたいのは、今日1日の予定自体に無理がないか、というところです。

最速の移動手段に合わせて予定を組んでいくと、そのペースに合わせて動かざるを得ません。

それが、自分のペースに合っていればいいのですが、常に無理して動かなければついていけないという状態であれば、何かしら支障が出て来るかもしれません。

自分のペースに合わせてしまうと、本当はもっと出来るかもしれないのに、その成長の可能性を潰してしまうのでは、と考えることも出来るでしょう。

それも一理あると思います。

しかしながら、無理し続けることが成長に繋がるというのは少し違うのかなと思っています。

そうした自分のペースを掴むというためにも、ゆっくりを選ぶということも大事だったりします。

例えば、旅行をする場合。

限られた日程なので、出来るだけ観光名所など体験したいことを詰め込んで思い出をたくさん作りたいということもあるでしょう。

そのために、各地点からの移動はバス・タクシーで効率的に移動する。

それはそれで楽しみ方の一つではありますが、人によっては合わないこともあるでしょう。

そんな時には、徒歩を中心に移動を考えてみるのも一つの方法です。

観光名所など目的の場所の雰囲気だけでなく、そこに至るまでの道中の雰囲気を直接感じることで、自分のペースが掴めてくるものです。

もちろん、ゆっくりのペースが合わずにそれが無理しているということであれば、早々に移動手段を変えていく方がいいでしょう。

とりあえず動き出すために

目的地が決まっていても、移動手段によっては待ち時間が生じることもあります。

速くて便利なものであればあるほど、それを利用するための準備が必要になることも。

事前に予約しておく、乗り場まで向かう、などなど他の人との関わりで発生することもあるでしょう。

それは当然に必要なことで、事前に準備しておけばいいのでは?というところではありますが、いつも準備が出来ているとは限りません。

たまには予定外のことに面白味を感じることもあるでしょう。

前項の例で挙げた旅行であれば、予定していなかったが、行きたいところがある。でも、移動手段がすぐには見つからない。

そうした場合には、とりあえず徒歩で向かってみるというのは意外に有効な方法です。

時間が迫っていれば出来ないことですが、ある程度の余裕があるのであれば、動き出すきっかけになります。

移動しながら情報収集をしたり、話し合ったりすることも出来ます。

何かしらの決めごとをする際には、いつも最適解を導き出そうと必要以上に慎重に考えがちです。

自分以外の人が関わる場合であれば、尚更プレッシャーを感じることもあるでしょう。

そんな時でも、みんなが合わせやすいペースを選べるというのは心強いものです。

気軽に選べる移動手段を許容出来るだけの時間と心のゆとりは持っておきたいものです。

おわりに

忙しく過ごすことも楽しいものですが、これは本当に無理してないか、ということは常に考えておきたいところです。

何にしても自分のペースに合っていれば、そこから得られるものが一番大きいのかなと思います。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務
 税務顧問応援パッケージ(福島区)