小さな達成感を積み上げる

先が見えない状況が続くと、不安であったり、今やっていることに意味があるのかと悩んでしまうこともあります。特に今は、新型コロナウィルス感染症の影響で、全国で緊急事態宣言が発出され、事態は当初思っていたよりも、切迫感が日に日に増していっているように感じます。

不要不急の外出を避けるという取り組みの中で、全員足並み揃えて自宅から一歩も出ないということは現実的には難しいですが、人との接触を減らしていくということに関しては、意識の問題でもあるので、取り組みやすいのかなと感じています。

仕事においては、テレワークの一つである在宅勤務が推奨される状況となり、特に電車通勤での人との接触のリスクを減らせることは、事業所だけでなく、通勤する方にとっても安心材料がとなるのではと思います。

こんな状況だからこそ、先が見えない状況での仕事の進め方というのは、特に意識することが必要な部分もありますが、よく考えれば、平時から考えておくべきことでもあります。

今回は、気持ちが沈みがちでもありますが、何とか平静を装いつつ、気持ちを奮い立たせるために、意識していることについてまとめておきたいと思います。今回も、私は出来ています!ということではなく、試行錯誤の過程についての記事になります。

時間が過ぎるのを待っていた日々

元々、細かな予定を立てる習慣というものがなく過ごしていました。仕事においても、グループウェアのスケジュール機能には、来客であったり、訪問予定であったり、日時と相手先が決まっている予定については入力していましたが、それ以外の自分の作業予定などは一部手帳などにメモしていることはあるものの、基本的には記憶に頼っていた部分が大きかったです。

特に働き始めのころは、メモする業務の内容もそれほど多くなく、これが終わったら、次にこれをやるというのを頭の中で考えながら、作業を進めていました。

スケジュールに余裕がある時で、これは今週中に終われば大丈夫というものに関しては、急ぎではないので、その日の何時まで作業するというようにして、極端に言えば、スピードを緩めて終業時間まで時間を潰しているというような意識であったと思います。

それはサラリーマンとして、時間の拘束があることに対してのある種の防衛本能であったのかもしれません。そういった強弱をつけながらでないと、正直しんどい時もあって、バランスを取っていたのだと思います。

しかしながら、時間潰しのように、時が過ぎていくのを待っているような状態では、効率のよい仕事が出来るわけもなく、自己嫌悪に陥りながら、更に気持ちは沈んでいくという悪循環に陥っていくような状態でした。

小さな目標を定める

このままではいけないと思い、仕事に対する意識を変えようと思い立ちました。そのきっかけは、前にも何度か書いていますが、税理士として独立開業しようと決めたことです。

1日の予定を、その日の朝に時間単位でグループウェアのスケジュールとスマホのアプリに入れています。
詳細な内容は別記事でも触れています。

偶然出来た空き時間も有効活用する

これらは時間管理という概念でもありますが、一つ一つが小さな目標でもあります。何を、何時から何時に完了させるということを明記することになるので、なかなか先延ばしにしにくいということもあります。

タスク管理という考え方は、以前から意識はしていて、他にも紙の付箋を使ったり、パソコンのソフトを使ったり、スマホのアプリを使ったりはしていたのですが、なかなか運用が続かなかったのは、やるべきタスクは積み上がっていくのに、いつの何時にどれぐらいの時間をかけてするということを明記していなかったので、どんどん先伸ばしにしていった結果なのかなと思います。

小さいけど達成感

上記の記事でも取り上げて、今使っている「Taskuma(たすくま) –TaskChute for iPhone 」というアプリは、設定したタスクを始める時に、スタートボタンを押すとカウントがはじまります。

終了のボタンを押すとカウントが止まって、実際にかかった時間が表示されます。

タイトルに取り消し線が付くようになているので、一つ一つが終わったという小さな達成感を味わうことが出来ます。

非常に地味ですが、この地味な達成感が意外と精神的には良くて、その内スタートボタンを押すと、スイッチが入るような感覚になってくるから不思議なものです。

それでも、なかなか実行出来ないタスクというのはまだありますが、改善という意味では、少しづつですが前に進んでいると実感しています。

おわりに

どんなことでもそうかもしれませんが、このツールを入れたから、全て解決ということはほとんどありません。たまたまでも、一生懸命探してでも、回り道もしながら、自分に合うものを探し続けることで、自分が理想とするものに近付けるのではないのかなと思います。

理想を追い求めること自体も、先が見えないことでもあるので、ここにも目先の目標を見つけながら、小さな達成感を積み上げ続けていくことが大事なのだと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務