午後に集中力が落ちることへの対策

税理士として独立開業しようと決めてから、朝型の仕事のスタイルへのシフトを意識してきました。それは、独立して日々周りの目がない中で、自分の性格からして、何も縛りをつけないとダラダラと過ごしてしまいそうだという懸念があったからです。
その辺りのことは以前の記事でもまとめています。
開業に向けて朝型の生活リズムに変えてみた

そんな生活をまだ1年ですが続けてきた中で、最近事務所で集中的に作業をする日などは特に、午後になってから集中力が落ちてきているなと感じるようになりました。ちょうど昼食を食べて、しばし休憩の後、さて午後からまた仕事しようというときに、なかなか予定している業務に取り掛からないことがあります。

もちろん自分の問題なので、四の五の言わずやればいいのでは?ということなのでしょうが、毎度気合を入れ直すことに違和感を感じ始めて、何か根本的に見直す必要があるのではと考えるようになりました。

今回は、見直すときに考えたこと、やってみたことなどを未だ実践中ですが、3週間程の状況をまとめてみました。これからも継続していくことが重要ですが、そのための振り返りという意味も込めて。

これまでの朝型のスケジュール

これまで自分なりに考えて過ごしていた1日のスケジュールは下記のようなイメージです。もちろん日によって違う時もありますが、事務所で1日作業となるとこんな感じでした。

06:00 起床
06:15 ストレッチ等
06:30 身支度
07:00 朝食
07:30 読書
07:45 移動
08:00 自分の経理
08:15 掃除・片付け
08:30 メールチェック
08:45 税務勉強
09:00 ブログ執筆
10:30 業務開始
12:30 昼食
13:00 メールチェック
13:30 税務勉強
14:00 業務開始

18:00 業務終了

当初は起床時間を朝5時にすることを目標としていたのですが、なかなか起きれず、スケジュールよりも1時間ぐらいづつ後ろにズレていました。明日こそはと思いながら、ズルズルとそのまま流れてしまっている状態です。言い訳をしようとするから改善しないのですが、そのときぼんやりと思っていたのは、朝5時に起きても、余裕が持てるというだけで、テレビなどをダラダラと見てしまって一緒だなということでした。

特に3月頃からは新型コロナウィルス感染症に関する情報が気になり、何か見ておかないと不安になるということもありました。そんな状況も相まって、日によっては昼前になってようやく業務を開始して、昼食の時間がズレこむこともあり、午前中に業務が進まないということが出てくるようになりました。

問題だと思ったこと

そんな状況でも、業務自体はスケジュールに余裕を持たせていることもあり、期限に間に合わないということはないのですが、午前中に仕事をした感じが全然なくて、変な焦りみたいなものを感じて、精神的なしんどさみたいなものを感じていました。

そんな気持ちだからかもしれませんが、午後から業務を再開するのにも、予定しているものがあるのに、パッと気になっていた違う調べものをしたり、ネットニュースを見たりと、気持ちの切り替えが上手く出来ない状況が続いていました。

大きな支障がでているわけではないですが、このままでは現状の業務以外に、新しい試みをしようとするときに、その時間を確保したり、取り組もうという前向きな気持ちが削がれてしまうと危機感を感じはじめていました。

新型コロナウィルス感染症の影響で色んな事が自粛で自由に出来ないことのストレスや閉塞感から精神的に参っている部分があったのかもしれません。でも、このままの状態を続けて行くことは、絶対に良くないという確信はありました。

変えてみたこと

打開策として考えたのは、以前読んだ本にあった内容です。
見田村 元宣 「朝9時までの「超」仕事術

税理士の方ですが、他の方が出社してくる朝9時までの時間を有効に使っていくという内容が印象に残っています。読んだ当初は、朝4時起きをされているというので、自分には現実的ではないかなと思って、あくまで参考というので、そのまま終わっていました。

今改めて考えてみると、朝4時起きというのはインパクトがあるので、キャッチフレーズにもなるのですが、本質は朝6時~9時の時間を有効に使うというもので、その部分であれば自分でも実践できるのではと考えました。

そうすることで、午前中の時間の使い方も変えられます。そして、午後からの集中力が落ちることの対策としては、直接集中力を保つ方法を考えるのではなくて、午後からの業務時間を少なくするということにしました。よくよく考えてみると、18時までの午後の時間が長すぎて、気持ちが滅入ってしまっているのだということに気付きました。

そこで、朝の時間を早めることで、夕方の業務時間を縮めて、16時までとしてみました。実際は、問合せであったり、ちょっとした作業を行うことはありますが、一旦業務は終わっているという意識があるので、精神的には楽になりました。

05:00 起床
05:15 身支度
05:45 移動
06:00 朝食
06:15 読書
06:30 自分の経理
07:00 メールチェック
07:15 税務勉強
07:30 掃除・片付け
07:45 ブログ執筆
09:00 業務開始
12:00 昼食
12:30 メールチェック
12:45 税務勉強
13:00 業務開始

16:00 業務終了

朝の時間帯に業務を行うことで、作業効率も少し良くなって、以前よりもかかる時間が自然と短縮されています。劇的に時間が短縮されているわけではないですが、日々積み重ねていけば大きいかなと思います。

おわりに

まだまだ継続中ですが、気持ち的には少し晴れています。実際に、目に見えて大幅に効率化できるというわけではありませんが、日々のやる気というのは大事かなと思います。

もしかしたら飽き性な部分もあるからかもしれませんので、微修正であっても、定期的に生活リズムは変えた方がいいのかもしれません。周りに迷惑を掛けない範囲ではありますが。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務

次の記事

移動中の読書の楽しみ