税理士試験中の年末年始の過ごし方

税理士試験の結果が出てからすぐに訪れる年末年始。8月の試験直後であれば、少しゆっくりする時間を取ることは出来ますが、結果が出た後の12月はすぐ行動することも必要となります。その辺りは以前の記事でも書いています。

税理士試験の結果が出た後の動き

今回は年末年始の過ごし方について、自分が考えたこと・実践したことについてまとめてみました。一人でも何か迷いやもやもやとしている方の気づきになれば幸いです。

過度な期待をしない

元々私自身は学生時代から、徹夜で勉強したり、最後の追い込みのような勉強方法が苦手です。いつも余裕があって、徹夜する必要がないとか追い込みが不要とかそういうことではないのですが。

集中力が長く続かず、短時間で成果を上げていくということが、ただ単に出来ないということだと認識しています。プレッシャーに弱いということでしょうか。そのことに比較的早く気付けたので、勉強については特に、学生時代からコツコツと積み上げていくということを心掛けていました。

もちろん全てが自分が思った通りに上手くいっていたわけではありませんが、夜中まで勉強する日が続くということはあまりなかったように記憶しています。

そういった基盤があったので、税理士試験の勉強についても、まとめて一気にやるということが極力ないようにしていました。一番最初に受けた専門学校の通学コースで痛い目にあったという経験をしたのも大きかったかなと思います。

簿記論の受講コースで、毎週日曜日のロングコースとして、平日夜の2日間で行う内容を1日でまとめて行うコースを受講していましたが、復習・次までの課題がこなせず、途中で挫折して、試験を受けるところまで及ばなかったという苦い経験です。

そのため、年末年始などのまとまった休みがあるというときにも、勉強時間が多く確保できるから、それまで遅れていたところを挽回する、という発想はなくて、日々勉強に充てられる時間を少し増やせるかなぐらいに思うようにしていました。

平常運転を心掛ける

その時は、今ほどきっちり時間管理はしていなかったのですが、勉強の日とオフの日に分けていたというよりは、いつもの平日よりもちょっと多い毎日数時間の勉強時間を確保することを優先させていたように思います。

それこそ、12月31日の大晦日や1月1日の元旦など関係なく、毎日ちょっとでも勉強する時間を作るというような感じです。税理士試験の勉強をしていた時には、結婚して子供もいたので、年末年始はお互いの実家で過ごすということが多かったのですが、カバンの中にテキストや問題集も最低限持って行っていました。

あまり大々的に勉強していますという姿を見せてしまうと、せっかくの年末年始の雰囲気に水を差してしまうかもしれないので、人知れずこっそりするようにはしていました。それでも、おそらく気付いている人もいたとは思いますが、いい距離感で接してもらえていたのだと今考えれば想像できます。そういった気遣いには、感謝しかありません。

時には、旅行など家にいない環境の場合もありました。その時にも、一応勉強道具は持っていくようにしていました。家族だけの旅行であれば、みんなが寝静まった後や早朝でも時間は作れるので、無理しない範囲で勉強を続けることは出来るのかなと思います。

今後のことを考える時間を作る

税理士試験の勉強に関しては、年末年始を特別な時間とは捉えないとはいいながら、日々仕事をしているときよりは、ゆっくりとした時間を過ごすことは可能となります。

もちろん勉強する時間の確保が最優先ですが、それとは別に自分と向き合う時間というものを取るのもいいのかなと思っています。自分と向き合う、と言ってもそんな小難しいことではなく、ぼんやりと考えるぐらいで十分かなと思います。

元々税理士試験を受けようと思ったのは何でだったのか、税理士試験に合格するためにはこのままでいいのか、何か新しい試みが必要か、税理士試験に合格したら何がしたいのか、特に変わらず過ごしていきたいのか、などなどぼんやりとでも考えることが大事です。

出来れば、言葉や文章にして形にしておくと、より具体性が増して、実感を伴うものになります。もしかしたら、私だけかもしれませんが、税理士をなぜ目指しているのか、税理士資格取得のための道筋をどう考えているのか、ということは税理士になる前から結構聞かれることが多かったように思います。

そんなときにも、自分の税理士試験に対する思いや考えを定期的に確認しておくと、スムーズに答えることが出来て、迷いが少なくなります。迷ったときには、立ち止まるということも必要ですが、迷いが少ない方が前に進みペースは格段に速くなります。

おわりに

年末年始の過ごし方は、人それぞれなので、これが良い!とは一概には言えませんが、自分で考えた上での結論であれば、何でもいいのかなとは思います。そういった考えるきっかけになってもらえれば、うれしい限りです。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務