2020年を振り返って自分を褒めてもいいこと

年末も差し迫ってくると、テレビや色んなメディアでその年の振り返りの特集などが組まれています。色んな方が書かれているブログ記事でもそれぞれの角度から世間や自分の振り返りがなされているのをよく目にします。

人によっては、毎年同じようなことをしているのであまり見ない、過去にあったことをまとめているだけ、振り返り自体に意味があるのか、など様々な意見があるようです。

私としては、こういった定期的な振り返りというのは好きな方です。記憶力の問題かは分かりませんが、1年以内に見聞きしたことを鮮明に覚えていることは少なくて、うっすらとした記憶の中で、振り返りをすることで、自分が経験してきたことを改めて思い出せたり、新しい視点で見ることが出来たり、こんなことがあったのかと自分が知らなかったことを改めて知れたりするのが単純に楽しいと感じています。

そんなわけで、そういった大きな流れに乗りながら、自分自身の振り返りをしてみようと思います。

厄年を無事過ごせそうなこと

2020年はいわゆる本厄の年でした。こうした目に見えないことを信じるかどうかは、その人次第のところもありますが、私自身は大事に考えている方だと思います。特定の思想に傾倒しているなどはないのですが、ある意味こうした神秘的なものには惹かれるところがあります。

とは言いながら、税理士として独立開業しようと決めた年の初詣では、おみくじで「凶」を引いていたり、開業初年度が本厄になることは分かっていたのに、特にスケジュールを変えようとかはなくて、そのまま独立開業することにしたりで、そんなにこだわりもないのかもしれません。

信心深いところはありますが、占いで出てくるような運命みたいなものはあまり気にしていなくて、縛られたくないという思いが強いのだと思います。今年はこうなりそうみたいなことを言われると、それをただ単純に避けるのではなく、乗り越えるにはどうしたらいいのかなどをまず考えるようにしています。

なので、厄年を迎えるにあたっては、厄払いに行ったり、御守りを持ったり、厄払いのお箸を使ったりなどしました。その辺りのことについては、以前の記事でも書いています。

厄年(本厄)を迎えるにあたって準備したこと

そのおかげもあってか、自分にだけ訪れる大きな災厄というのは避けられたのかもしれません。2020年は新型コロナウィルス感染症の拡大という未曽有の災厄がありましたが、世界中を席捲している現状を考えれば、自分にだけ訪れた災厄ではないのでこれは例外でしょう。

開業1年目は、令和元年という新しい元号が始まった年でもあり、いい意味でも悪い意味でも忘れられない年になりそうです。それでも2020年という年を1年間無事に過ごせそうだということについては、自分を褒めてもいいのかなと思います。

飛躍はなくとも、後退せず進めたこと

税理士として独立開業して1年目ということもあり、気持ちとしては新規の顧客との出会いや一緒に仕事をしながら、一定数まで顧客を増やすことを目論んでいました。もちろん、そんな簡単にいくとは思っていなかったですが。

自分で仕事を取ってくるという営業そのものをほとんどやったことがないので、自分に出来るだろうかという不安もありました。どういう方法が有効であるのか明確なことは分かりませんが、漠然としたイメージで、とにかく新しい人と接触することが必要なのだろうとは思っていました。

その時は、直接人に会うということを想定していましたので、セミナーや交流会みたいなものに積極的に参加していこうと計画していました。しかしながら、2020年に入って、新型コロナウィルス感染症の拡大の影響で、そういった人が集まるイベントは軒並み中止に。

オンラインでの開催が主流となり、今までとは違う人との接触の仕方を余儀なくされるようになりました。そんな中でも、対面ではないオンラインを活用しながら、仕事を増やしている方も多くいらっしゃいます。しかしながら、元々これから営業を始めていこうとしていたところに、これまでとは違う方法を考えなければならないというのは、正直なところ、戸惑いが多かったというのが本音のところです。

そう意味では、少し出遅れた感はありますが、軌道修正しながら、オンラインのイベントにも積極的に参加したり、Webでの情報発信にも力を入れつつ、新型コロナウィルス感染防止の対策を講じながら、制限された中でも対面で可能な限り人と会うことを継続してきました。

思い描いた飛躍の年とまでは行きませんでしたが、新しい人や仕事に出会うことが出来て、常に前に進むことが出来ました。少なくとも後退はしなかったなと。日々の苦悩と達成感を繰り返しながら、モチベーションを維持しつつ過ごせてきたことについては、自分を褒めてもいいのかなと思います。

新しいことに挑戦できたこと

税理士としての業務の中で、顧問業務だけでなく、スポットの税務相談を行うようになりました。顧問業務の中で、顧客からのちょっとした相談などに対応することはあるので、全く経験したことがない業務というわけではありませんが、単独で初めてお会いする方の税務相談というのは緊張感もあり、身が引き締まる思いで、これからも続けていきたいなと思います。

仕事のやり方についても、少しづつ変化させてきました。税理士として独立開業した当初は、基本的には勤務していた事務所のやり方に倣ってということが多かったですが、紙から電子データへの移行、それに合わせた業務フローの構築などを進めてきました。

自分ひとりが関係することであれば、一気に進めてしまうことも出来ますが、顧客など相手がいることなので、相手の負担に極力ならないように努めることも必要で、じっくりと進めてきました。コストの面で、まだ導入が出来ていない部分もありますが、第1段階としては概ね完了出来たかなと思います。

次の段階としては、コストを掛けて、もう一歩踏み込んだ業務フローを進めていこうと考えています。独りよがりにならないように、あくまで相手にとってもメリットがあることを前提としていますが。

こうした新しいことに挑戦しつづけられたということについては、自分を褒めてもいいのかなと思います。

おわりに

個人的には、この年末年始という区切りが昔から好きでした。何だか特別な感じがして、リセットされた新しい年をまた迎えられるからかもしれません。こうした区切りというものを、これからも大事にしていきたいなと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務