2020年のブログ投稿の1年の振り返り

今日で2020年も最後の日となりました。2020年も色々とあった年ではありましたが、特にこのブログについては、感慨深いものがあります。今回は、その辺りの思いについて、いくつかの統計情報なども交えながら、書き連ねたいと思います。

ブログを始めて1年

ちょうど1年前の2020年1月1日から事務所のホームページでブログ投稿を始めることにしました。それまでの葛藤や覚悟などについては、拙いながらも最初の投稿で書いています。

税理士として独立して最初の元旦に初心を確認してみる

ブログを投稿するときの大まかな取り決めとして、その頻度というのは悩むところでもありました。ブログを始める前から、同業者の方のブログだけに限らず、色んな方のブログを読んでいましたが、更新頻度に対する考え方はそれぞれです。

当たり前ですが、結局は自分でどうするかは決めなければいけません。結果的には、平日毎日を選びましたが、今思えばそれで良かったかなと思っています。

最初は、毎日投稿というのが続けていくための秘訣なのかなとぼんやりと思ってはいました。特に、もう何年もつづけていらっしゃる方の実感含めた投稿を見ていると、そう考えざるを得ないかなと。もちろん、毎日投稿されている方の多くが、それを絶対条件のように言われているということはほとんどなくて、自分に合った方法を見つけることが重要だということを書かれている方が多いです。

自分としては、平日毎日とすることで、平日はより緊張感を持って時間管理に注力しながら、休日前の金曜日のブログ投稿が終わった後のちょっとした解放感に浸るというのが、心地よくて、また翌週から頑張ろうという気持ちになることが出来ていました。

基本的には、朝の習慣化の中に織り込んだ形で、ブログを書く時間を確保するようにしていて、大体9時~9時30分ぐらいには概ね書き終わるようにして、そこから税理士業などの業務をスタートさせるということを続けてきました。

朝から外出する日などもあるので、そんな時には外出するまでの時間で出来る限り書いておき、戻ってきてから夕方仕上げるということもありました。そうしたイレギュラーにもそれ程動じずに対応できるようになったのは、この1年という期間の継続のお陰かなと思っています。まだ1年ではありますが。

正直しんどいなと思うこともありました。そんなの意味あるの?そんな内容じゃなくて税務記事だけ簡単に書いとけばいいのでは?みたいなことを言われることも。率直な意見を言っていただいて、気に掛けていただいているということ自体が有難いことだと、今思えば感謝の気持ちを持てますが、当時は結構ダメージを受けていました。

それでも、今こうして清々しい気持ちで1年の終わりを迎えられているので、ブログを続けてきて良かったなと単純に思えます。

ブログ投稿について

2020年のこの1年間のブログ投稿数は、この投稿を入れて「247」となります。平日毎日なので、1年のペースとしてはこれぐらいで推移していくのでしょう。

当初は、100投稿を目指してと思っていましたが、何とかそれを超える投稿数を実現することが出来ました。100投稿目には嬉しくて、そのこと自体もネタにはしたのですが、200投稿ぐらいから数自体への強いこだわりはなくなってきているように感じます。

やっと1年経ったので、よく読まれている投稿なども紹介できるかなと思い、PV数でカウントしたベスト3を確認してみました。

第1位
雇用保険被保険者資格取得届をGビズIDで電子申請する

第2位
税理士試験を大学院免除で官報合格する

第3位
年末調整の所得控除で本人名義以外でも控除出来る場合・出来ない場合

基本的には、自分が実際に手を動かして体験したことを投稿するようにしています。第1位が税務投稿ではないのは、税理士事務所としてどうなのかという考えもありますが、私としては税務だけに捉われないサポートも目指しているので、目論見通りと言えなくもありません。

若干こじつけですが、税務以外・税理士試験・税務という投稿内容が上位3位になっているのは、自分が目指していきたかった税理士事務所の形を反映しているようで、単純に嬉しくもあります。

今後の展望

あまり長期的で明確な展望というのはないのですが、今はとりあえず「300投稿」というのを一つの区切りと考えています。このペースで行けば、来年2021年の早々には達成出来そうです。数というよりは、そこを達成することで、何か動きが出てくるのではないかと考えています。

まだ動いていないので、何とも言えないところはありますが、その動きに合わせて今後のブログ投稿の形を改めて考える予定です。単にブログ投稿を辞めるとかそういうお話ではありません。

このブログ投稿を続けることで、ネタ探しもあって色々な新しいことに挑戦し続けることが出来ています。それは、今後も必要なことであり、自分にとってもプラスになるという確信があるので、変わらず続けていきたいなと思っています。

2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、仕事のやり方などを根本的に変えなければいけないということが出て来ました。対面が強制的に制限される環境になることで、改めてそれって必要?という視点で仕事のやり方を点検する機会が増えました。それは、来年以降も続いていくでしょう。その時には、こうしたWeb媒体というのは更に重要なツールとして、注目されるのではないかと考えています。

今はまだその過渡期だと思います。この後の大きな波が来るときに、急造でWebを使い出すのではなく、その地盤を今から築いておくということを目指しているところです。こうしたブログ投稿などの蓄積が今後に活きてくる、今はこうしてコツコツと地道な作業を続けていくことが最善の道だと思います。

おわりに

年末になると、1年の振り返りがどうしても多くなってしまいますが、それが良いのだと私自身は思っています。人と違うことをするのも大事ですが、基本を疎かにすると、本末転倒になる場合がありますので。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務