目的によって受けるレッスンを変えてみる

人に自慢できるような記録を持っていたり、賞レースで結果を出しているわけではないですが、趣味のようにランニングを楽しんでいます。

継続することも目的の一つ

何度かこのブログでも書いていますが、ランニングを趣味にしようと思い始めてから、3年目になります。

きっかけは色々ありますが、税理士として独立開業したというのも一つのきっかけです。

一般的には、身体が資本だから健康維持のために運動するようになった・・・ということが多いのかもしれません。

私自身としては、そうした健康面を気にしてということが全くないわけではないですが、あまり大きな要因というわけではなく。

せっかく独立開業したのだから、自分の趣味のような時間を取れるようにしたい、というような思いがあったというところです。

そのため、当初は手探り状態で、どういう方向に進んでいくのかも未知な状態でした。

ただ、独立して数か月後に開催された大阪マラソンに参加して惨敗したという経験は転機になっていて、そこから本格的に趣味にしようとランニングのレッスンに定期的に参加するようになりました。

その辺りの経緯については、別の記事でも取り上げています。

 マラソンを趣味にしてみようと思った経緯(前編)

 マラソンを趣味にしてみようと思った経緯(後編)

そこで習得したランニングを継続することを目的にする、という考え方は今でも大事にしています。

特に、私が開業した2019年10月から2022年9月22日現在の期間というのは、2020年に始まるコロナ禍という特殊な事情と重なって、色んなことが制限される状況でした。

それは今も完全になくなったわけではないですが、少しづつ改善の兆候が出て来ているように感じています。

夏のイベントも何年振りかに開催されたというものが増えてきて、なにわ淀川花火大会が開催されるというのを聞いて、実際に花火を見ていると、何だか感慨深いものがありました。

そうした状況が続く中では、今まで当たり前のようにあったものが延期になったり、中止になったりして、我慢することが多くありました。

そうしたことに対するうっぷんを晴らすという意味でも、ランニングを続けるということが救いになっていたように思います。

誰かに自慢するわけではなく、目に見える結果がない中で、粛々とランニングを続けるというのは、今考えればいいトレーニングだったのかなと思えるようになりました。

継続することが目的の一つになったからこそ、ランニングの中に楽しみを見出しつつ、積み重ねていくことの達成感や充実感を味わえるというところでしょうか。

大会に参加するという目的

ランニングを趣味にして継続することが目的の一つではありますが、目標を持って達成していくという楽しみを味わいたいという気持ちはもちろんあります。

記録を狙うというよりも、短期的に定めたゴールを目指していくというプロセスがあることで良い刺激になるものです。

それが思うように出来なかったというのは、これもコロナ禍という状況が大きく影響していました。

参加しようと思う大会が延期になる、中止になる、そもそも開催されなくなる、というようにその機会自体が与えられない状況でした。

こうした状況というのもあって、ランニングを継続することに主眼を置けたのかもしれません。

それでも、少しづつ大会などイベントの開催が実施されるようになってきて、参加できることの楽しさを再確認することが出来ています。

 大会ではなくてもゴールしたら達成感はある

 1年以上ぶりにリアルな大会で走ってみて思うこと

こうした経緯もあって、今年2022年2月に開催予定だった大阪マラソンへの参加は特別な思いがあるものでした。

結果的には、一般部門の参加が中止となったのですが、複雑な思いはありました。

 目指してきたものがなくなったとき

今は来年2023年2月開催予定の大阪マラソンに気持ちを向けているところです。

そんな中で、たまたま見つけた大阪マラソンに向けた練習会に参加してみることにしました。

目的は大阪マラソンに向けての準備や練習であって、短期的で分かりやすいものです。

記録など目指すべきものをそれぞれに設定して、それに合わせてトレーニングを進めていく。

定期的に受けているレッスンに不満があるわけではなく、継続するという目的のためには、むしろベストではないかと思っています。

それでも、大阪マラソンをこのタイムで完走するなど他の目的があるときには、それに合わせたレッスンを受けるというのも良い刺激になっていいものだなと思えました。

新しいトレーニングやストレッチなどを知ることが出来たり、またいつも受けているレッスンと同じ内容を教えてもらうことで、そのレッスンの良さを再確認出来たり。

こうした機会というのは、目的に応じて取り入れていきたいなと改めて思いました。

色んなものをランニングと掛け合わせられるように

記録や結果だけを求めずに、継続することを目的にするというのは、ある意味しんどいものではあります。

人間誰しも、結果を出して褒められる方が嬉しいものでしょう。

記録を見せて、すごいですね、と言われたい。

私自身もそういった気持ちがないわけではありません。

ただ、そこを追求していくことに対するしんどさというのもあって、継続していくことの妨げになることもあり得ます。

それは避けたいというところです。

ランニングを継続していくことの先にあるものは何なのか。

まだはっきりとはしていませんが、色んなものをランニングと掛け合わせることで楽しみが増えないかなと思っています。

旅の一環として、各地のマラソン大会に参加しつつ、美味しい食事や観光を楽しむ。

リモートワークの環境の整備を更に進めながら、本当の意味でのリモートワークを実現していく。

まだこれぐらいしか思い浮かびませんが、想像するだけでもちょっと面白そうかなと思えています。

今の現状ではまだ実現可能性が低いですが、子供も成長し独り立ちする頃には、現実味を帯びてくるかなと。

そのための布石を今から打っていると思えば、それだけでも楽しみが一つ増えたように感じられます。

おわりに

今のところはぼんやりした野望ですが、言葉にすることで実現可能性が高まるのかなと思っています。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務
 税務顧問応援パッケージ(福島区)
 税務顧問応援パッケージ(ラーメン屋さん)