目指していることと実践していることに乖離がないか点検する

何か新しく始める、中断していたことを再スタートする時には、何かしら目指すべきところを決めておくことが多いでしょう。

目先のことから、長期的な目標まで、内容は様々ではありますが、一定のゴールを定めることで、ものごとがスムーズに進んでいくことが多いかなと思います。

今回は自分自身の経験を踏まえて、目指していることと実践していることに乖離がないか点検しておいた方が良い、そんなお話です。

独立当初の目指すべきところ

2019年10月に税理士として独立開業して、2年目を迎えています。それまでは、上場企業→会計事務所・税理士法人で20年程組織に属する形で勤務をしてきました。

税理士を目指そうと思ったきっかけなどは別の記事でも取り上げています。

税理士を目指したきっかけ(前編)
税理士を目指したきっかけ(後編)

独立開業をしようと思った経緯は色々とありますが、税の専門家として、自分が携わっていきたいと思ったのが、規模の大きな会社の税務というよりも、小規模でも誠実に頑張って事業をされている方なのかなと思うようになりました。

結婚してから住み続けている大阪市福島区にも愛着があり、出来れば地元を応援できるようなことが出来ないかなと思っていたので、地元密着の町の税理士として活動していけたらとぼんやり考えるようになっていました。

もちろん、そういった税理士の方は他にも多くいらっしゃるので、多少なりとも差別化が出来るように、ITを積極活用した業務効率化を進める事務所としての一面も持ちつつ、時代の流れに対応した事務所でもありたいなと。

そんな中で税理士の井ノ上陽一さんが提唱されている「ひとり税理士」という生き方に共感して、一部その考え方を取り入れながら、事務所の運用をしていこうと決めたのでした。

実践したこと

地元密着という意味では、大阪市福島区で事務所を借りて開業するということがその一貫なのかなと思います。こちらから訪問する際にも、来所いただく際にも、交通の便がいいところが良いですし。

以前に開業場所の選定について書いた記事がありますが、その時はそこまで考えてなかったのかもしれません。

開業する場所を決める時に考えたこと

福島区と福島区の事業所でつくる地域密着型情報アプリの「福島CiPPo!」に事業所として登録し、福島CiPPo!の運営元主催の福島区の事業者の方の集まりにも参加させていただきました。

近畿税理士会の福島支部で募集している税務相談の相談員などの募集に応募したり、出来るだけ地元の方と接点が持てる機会を作ろうと努めてきました。

しかしながら、福島区の方から問合せなどが増えるわけでもなく、思っていたよりも反応は薄いかなと感じていました。

発信している情報を見直してみると

ある時、事務所の場所が分からないんですけど、と言われることがありました。

そんなことあるのかな?と何を見られたのか確認してみると、事務所ホームページとのこと。

確かに事務所ホームページには事務所の住所などは掲載していませんでした。

通常であれば、事務所ホームページに住所など詳細な情報を掲載しているものかなと思うのですが、当初は載せていませんでした。

なぜかと言えば、住所・電話番号などを公開していると、開業当初は特に、営業電話や勧誘が多くて大変というお話をお聞きしていたということがあります。

また、「ひとり税理士」として活動されている方の多くは自宅で開業されていて、ホームページに住所等は載せていないというお話をそのまま自分に当てはめてしまって考えてしまっていたり。

私の場合は、自宅とは別にマンションの一室を事務所として賃貸しているのですが、部屋の前に表札もなく、部屋番号の表示のみ。1階のエントランスに入居者一覧のボードがあるのですが、そこも空欄のまま。

よくよく考えると、客観的にはここに税理士事務所があるということは分かりにくい状況を自分で作ってしまっていました。

これではいけないと思い直し、事務所ホームページに「アクセス」のページを追加し、事務所の部屋の前と1階のエントランスのボードに付ける看板を作って取り付けました。

これで急激な変化があったわけではありませんが、2021年1月に始まる新型コロナウィルス感染症対策のための緊急事態宣言の発出で影響を受けた事業者の方の、売上損失補填のための、一時支援金の事前確認の問合せの際には、役立つこととなりました。

意図していたわけではありませんが、一定数の地元で事業をされている方と接する機会を持つことが出来ました。それらを足掛かりにして、これからもっと地元に密着した税理士活動が出来ればなと思います。

看板などを出したことで、一番影響があったのは、飛び込みの営業・勧誘が増えたことですが、それも一つの地域貢献として捉えていければなと思います。

おわりに

目指すべきところがいくつかあると、どこかで相反することが起こってしまうことがあります。その時には、どちらかを選択する必要がありますが、一方に悪影響がある場合には、早めの対処が重要だなと思います。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務