試練はあった方がいい

日々の生活のリズムを整えて、1日のスケジュールを効率よく過ごすことが出来れば、気持ちがいいものです。しかしながら、毎日毎日自分のリズムで過ごすことが出来るとは限りません。

今回は、そうした自分のリズムを崩すことになる試練について、思うところを書いてみます。

時間をコントロールすることの意義

このブログでは何度か書いていますが、税理士として独立開業するにあたり、日々の生活リズムを見直そうと朝型の生活にシフトさせてきました。

開業に向けて朝型の生活リズムに変えてみた
午後に集中力が落ちることへの対策

これは何も朝型の生活にした方が良い、夜型は良くない、ということではありません。絶対的な価値観としてどれが優れているというよりも、いかにその時の自分の状況に当てはまる時間のコントロールが出来るかということかなと思っています。

この時間のコントロールが出来るというのは大切なことで、仕事や日々の生活に追われて、気付けばもう夜で、今日何やってたっけ?という状態では、精神的にも身体的にも負担がかかってしまいます。

しかしながら、この時間のコントロールというのは、自分だけが関わることだけでも大変です。自分が好きなこと・やりたいことなら積極的に取り組むことが出来ますが、そんなことばかりではないので、なかなか手が付けられずサボってしまうということもあるでしょう。

他の人が関わってくると更にその難易度は上がります。自分の都合や感情だけでなく、関わる人の時間のコントロールも考慮して進めなければいけません。

だからこそ、自分や他の人の時間のコントロールが上手くいくと、その満足感や充実感は大きなものとなります。そこから更にこの状態を継続したい、もっと改善したいという意欲が湧いてくることもあるでしょう。

イレギュラーがあると・・・

日々の生活リズムなどを整えて、時間のコントロールを上手く行うには、毎日のルーティンを決めて、やるべきことを事前に計画しておくことが有用です。

さらに、毎日のルーティンであれば、それを実行する時間まで決めておくというのが、継続していくためのコツだったりもします。

人によっては、朝起きてから夜寝るまでを全てタスクとして分解して、時間を決めて管理しているという場合もあります。

そこまでではなくても、朝起きてから仕事を始めるまでのルーティン、夕方帰宅してから寝るまでのルーティンを決めておく、というのはよく聞く有用な方法です。

こうした日々決まったルーティンを継続して、積み重ねていくことは、時間のコントロールが出来ていると感じられて、精神的にも身体的にも良い作用がある一方で、そうではない面も出て来ます。

日々の継続で習慣化しているからこそ、イレギュラーな出来事が続いたりして、決まったルーティンが実行出来なかったときのダメージは大きくなります。

あんなに毎日積み重ねてきたのに、出来なかったという精神的な落ち込みや、それらをカバーしようと無理をしてしまうことで負担がかかってしまうということがあります。

どんなことでもそうですが、日々継続して積み重ねるのは大変ですが、それを辞めたり、失うのは一瞬です。そうした綱渡りのような状態であったということは、辞めたり失ったりして、改めて気付くことになります。

不要なものと考えるか試練と考えるか

イレギュラーがあるとこれまで積み重ねたものが崩されてしまう。そう考えると、イレギュラーを出来るだけ排除するというのもひとつの考え方です。

仕事であれば、自分がコントロール出来る範囲で仕事を受けるようにする。誰もが選択出来るわけではありませんが、独立開業するということもひとつの選択肢ではあります。

組織に属している場合には難しいかもしれませんが、それでも仕事に対して自分が重要視したいことを決めた上で、組織の中での立ち位置に拘らずにいられるならば、実行可能かもしれません。

しかしながら、イレギュラーを全て排除するというのは、多くの場合難しいものです。そう考えると、イレギュラーと向き合うことも必要となるでしょう。

イレギュラーを試練として、日々の習慣を止めずに、乗り越えていくというのは、今後の時間のコントロールにおいても大切な要素となります。

イレギュラーにも対応出来れば、その後の時間のコントロールを継続する力を付けることが出来ます。こうした変化というのは、日々の習慣のマンネリの打破にも繋がるかもしれません。

継続と変化という一見すると相反するものを繰り返しながら、長い目で見たときに継続出来ているということが強みになるのかなと思います。

おわりに

仕事が立て込んでくると、日々の習慣が出来なくなって、落ち込むこともあります。そういう時こそ、自分の新たなステージとして変化を楽しみながら、継続の仕方を柔軟に考えられればなと思うのですが、まだまだ実践出来ていないこともあり、日々鍛錬です。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務