炭酸水を飲む

最近炭酸水をよく飲むようになりました。

以前の自分であれば考えられないことではあります。

習慣の積み重ねの大切さをここでも感じています。

水を買わない

昔が良かった悪かったということではないですが、私が子供の頃は、水道水をそのまま飲むということが当たり前でした。

夏の暑い日に喉がカラカラで、蛇口をひねって、直にゴクゴク飲む水道水は格別でした。

学生時代には、運動部に入っていたので、学校の水道に我先にと並んで、蛇口を上向きにして、飲めるだけ水を出し続けていたのは、いい思い出です。

それぐらい身近なところで、手軽に飲める水でしたので、当時は水を買うという発想がそもそもありませんでした。

その頃からミネラルウォーターなど売られてはいましたが、今ほど一般的ではなく、買っている人は買っているというところでしょうか。

もちろん家の方針などもあるのでしょうが。

水筒に麦茶などお茶を入れて持ち歩いたり、ちょっと贅沢してスポーツドリンクを入れてもらったり。

飲み物を買うとしたら、絶対ジュースなど甘い味がしっかりするものと決めていました。

出来るだけ安くて量が多いものを選んで買う。身体に良くなさそうなものであればあるほど、魅力的で満足感がありました。

その頃の名残か、今でもエナジードリンクの味とかも好きで、しんどい時とか関係なく、たまに買って飲むことがあります。

一番好きなのは、チェリオのライフガードで、子供の頃から今でも販売され続けています。

チェリオホームページ
ライフガード

 

ちょうど1990年代ぐらいがよく飲んでいた時期でした。その頃は確か缶で飲むことが多かったように記憶していますが、たまには贅沢してペットボトルで飲んでいました。

買うならジュースという思い入れが大きかったので、買ったものがほぼ水だったり、味がほとんどないものだとショックで落ち込んだり、何だか損した気分でした。

水を買う時

そこから、私が大学生になる頃ぐらいには、ミネラルウォーターなどが普及してきて、ペットボトルの飲み物を買うというスタイルが浸透してきました。

おそらく色んな理由や要因があったのだと思いますが、詳細は分かりません。

テレビドラマなどで、冷蔵庫から取り出したミネラルウォーターをペットボトルでゴクゴクと飲むシーンというのがよく見られるようになってきたのが印象的です。

今でも、水道水をそのまま飲むという人もいるとは思いますが、私の場合は、今では水道水をそのまま飲むということはほとんどありません。

何か明確な理由などがあるわけではなく、ただ何となくというレベルではありますが。

水道水がどうかということではなく、そもそも大人になって水をゴクゴク飲むという機会が昔に比べて減ってきたというところでしょうか。

もちろん喉がカラカラになることはありますが、水道水を探すということは優先度が低くなり、自動販売機やコンビニで手軽に飲み物を買ってしまう。

それでも他の人に比べれば、水を買うという機会は少ない方かもしれません。

昔の名残で、水を買うということにまだ抵抗があるのだと思います。

水を買う時というのは、水しかない時、ジュースを飲み過ぎている時ぐらいでしょうか。

それでも最後の手段といった位置づけになることが多いです。

炭酸水というものがありますが、それも味が付いているものを優先してしまい、本当の炭酸水を飲むということはほとんどありませんでした。

制約をつけることで

水や炭酸水について、そんな考え方をしていたのが、最近変化がありました。

きっかけは、16時間断食を始めたこと。

16時間断食を思い付きで始めて1か月が経過しました

16時間断食を思い付きで始めて3か月が経過しました

16時間断食を思い付きで始めて半年が経過しました

16時間断食を思い付きで始めて1年が経過しました

誰に強制されたわけでもないですが、ジュースなど好きなものを飲める時間が制約されるようになりました。

夜8時から翌日昼12時まではジュースが飲めない。

水やお茶は飲めるのですが、何だか物足りない時がある。

もちろん水やお茶の美味しさを改めて感じることが出来たので、その点は良かったのですが。

そこで、刺激を求めて、家にあった炭酸水を飲んでみました。

シュワシュワがいい刺激となって、何だか味わい深い気がする。これなら美味しく飲めるかも。

元々は妻が飲むように常備されていたものだったと思うのですが、私が急に飲みだして、消費量が増えたため、そっと購入量を増やしてくれた妻には感謝しています。

炭酸水を定期的に飲み始めて、1年ぐらいだと思いますが、今でも美味しく飲んでいます。

ただ、そこから炭酸水にハマって、ジュースなどを飲まなくなったというわけではなく、以前と同じようにどちらも美味しく飲み続けています。

基本的には嗜好はなかなか変わらないので、ライフガードも定期的に飲み続けています。

我慢することだけが増えるのではなく、美味しく飲めるものが昔よりも増えて嬉しい限りです。

おわりに

自分が子供の頃に好きだったものが、大人になっても残っているのは単純にすごいことなんだなと実感しています。


【広告スペース】>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>> 【広告スペース】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング
 確定申告サポート
 融資サポート

【継続サポート】
 顧問業務
 税務顧問応援パッケージ(福島区)
 税務顧問応援パッケージ(ラーメン屋さん)