大阪 堂島の「魚坐(さかなざ)」に行ってきました

新型コロナウィルス感染症の影響で外出も極力自粛していたため、外食する機会は激減していました。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、その瞬間から何か状況が一気に変わったということではありませんが、これからは個々の判断で動いていく必要があるかなと思います。

人によっては、まだまだ予断を許さないという判断で、外食はしないという方もいらっしゃるとは思いますが、私自身は少しづつ利用を再開していこうと思っています。

今回は、初めて伺うお店は久しぶりということもあり、少し贅沢してみようかなということで、以前から機会を伺っていた「魚坐」さんに行ってきました。

店舗情報

魚坐(さかなざ)
〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島3-2-6 堂島ROYALビル 1F

<ホームページ>
見つけられませんでした
<食べログ>
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27113841/
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~23:00
※営業時間は変更されている場合があるので、事前にご確認下さい。
定休日:日曜祝日
TEL:06-6453-0335

以前お店の前を自転車で通った時に、「ラーメン」の看板が目に付いたのですが、およそラーメン屋さんがあるような雰囲気ではなく、ネットで検索してみると、ちょっと高級な和食のお店っぽい感じでした。その中で、ランチで出しているラーメンの情報が載っていたので、今度行ってみようとずっと狙っているうちに、自粛期間に入ってしまい、行けずじまいでした。

最寄り駅は、JR東西線新福島駅ですが、北新地駅と新福島駅のちょうど真ん中ぐらいです。JR環状線福島駅、阪神電車福島駅からもそれ程距離は変わらないかなと。駅からは少し歩く必要があります。

車で行く際にも、周りにコインパーキングは点在しているので、不便はないかと思います。

お店の入り口は、まるで料亭のような厳かな雰囲気で入りにくいですが、最初だけかなと。昼間でも暗めの演出なので最初は戸惑いますが、最初の扉は引き戸で、その奥の扉は押して入ります。入る時にだいぶあたふたしてしまいましたが、周りに誰もいなくて良かったです。

有名な「もう利」さんの2号店とのことで、雰囲気があって落ち着く空間です。

注文

ランチメニューは一つしなかないので、案内された席についてしばらく待ちます。
入ってすぐに店員さんからメニューは一つですがよろしいですか、という旨の案内をいただきました。

「蛤だしと天然鯛だしの汐ラー麺」
「天然真鯛の鯛めし」

店内も暗めの照明で、厳かな雰囲気ですが、店員さんは明るく気さくに対応下さるので、かしこまることはあまりなかったです。外観のイメージと違って、店内は広く、テーブル・カウンター合わせて30席程あるようです。入口から、正面に受付、左手にテーブル席がある部屋(おそらく普段は個室)、右手にカウンターとテーブルが並んだ空間があります。

最初に「黒烏龍茶」とおしぼりが運ばれてきました。その日は、梅雨の始まりで蒸し暑かったため、冷たい飲み物とおしぼりが有難いです。
1,500円という値段はランチとしてはちょっと高めですが、使われている食材やサービス・雰囲気を考えると高すぎるわけではないかなと。さすがに頻繁には難しいですが。

実食

「蛤だしと天然鯛だしの汐ラー麺」
「天然真鯛の鯛めし」
見た目も鮮やかで、お出汁のやさしい良い香りが食欲をそそります。
鯛めしは、よくほぐされた鯛の身がご飯とよく合わさって美味しかったです。

薬味も用意されていて、右奥から「柚子胡椒」、手前が「黒胡椒」になります。

やさしい味がかと思いきや、蛤の出汁が効いていて、しっかりした味わいでした。
麺は、やや縮れた平麺で出汁によく絡んで食べ応えもあります。2種類のお肉とメンマと味玉とそれぞれに手間暇かけられており、色々な食材を楽しめます。

ご馳走様でした。
和食に使われる器なのか、お揃いの柄で食べ終わった後も、見た目で楽しめます。

おわりに

見た目もお味もあっさりしているのに、食べ終えた後の満足感がすごかったです。夜にもまた訪れたいなと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

プロフィール写真 税理士 藤園 真樹(ふじぞの まさき)

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務