事務所の環境 備忘録その1(2020年2月4日時点)

私が税理士として独立開業しようと思った時には、既に開業されている方がどういった環境で事務所を運営されているかがとても気になりました。一つ一つ自分で決めていく必要はあるのですが、参考になるものがあると後押しになるものです。後から見返して、環境の変化を確認するため、定期的に見直していければと考えています。これから開業される方や既に開業されている方などにも何かの参考になれば幸いです。

自宅から事務所の移動環境

以前にも書きましたが自宅での開業ではなく、分譲賃貸のマンションを借りて事務所としています。
自宅からは約2.5kmの距離で主に自転車で通勤しています。徒歩でも25分ぐらいなので、雨の時でもそれほど不便は感じていません。電車でも1駅なのでドアtoドアだと徒歩と同じぐらいです。
不便なのは、マンションの駐輪場が一杯のため、少し離れた時間貸し駐輪場を使用する必要があることです。駅周辺は自転車が溢れており、マンションの目の前に電車で通勤・通学する方のための市営の定期契約の駐輪場があるのですが、2年以上待ちですと言われているので、気長に待とうと思っています。

事務所の周りの環境

消耗品の購入や昼食の買出しなどは、徒歩圏内にスーパーや100円ショップや文房具店があるので、比較的調達し易い環境です。時間があまりないときなどは、マンションの1Fにコンビニがあるので重宝しています。とはいいながら、基本的にはAmazonでの購入が多いので、買い物の用事で出歩くことはあまりありません。

郵便局も近くに2つあるので、郵送物があるときなどには便利です。ただ、郵送すること自体を無くしていくことで自分だけではなく相手にとっても時間的な効率化が図れたらなと思っています。今は、データのやり取りなどの仕組みを試し中です。

事務所のパソコン環境

使用しているパソコンは、MicrosoftのSurface Laptop2です。

特にこだわりというのはないですが、固定したデスクだけではなく、場所を変えて使いたかったので、ノート型にしました。ちょうど購入しようと思っていた時期に、ヨドバシカメラ梅田店でキャンペーンをしていて、想定よりも安かったというのもあります。購入してから知ったのですが、画面でタッチパネル操作が可能なので、顧客への説明時に活用していこうと準備中です。Surface Proなどディスプレイ部分でタブレットのように使用できるものもあるのですが、その都度取り外したりするのが自分にとっては手間かなと感じ、ノート型を選びました。

事務所の中で使う時には、マルチディスプレイにしているのですが、使っているモニターはSHARPのAQUOS(LC-20K1)いわゆる液晶テレビです。2004年6月1日発売の古株です。地上デジタルのチューナーがなくて、別のHDDレコーダーの地上デジタルチューナーを通して使用していましたが、そのHDDレコーダーが壊れてしまい、使い道がなくなってしまい、しばらく保管していました。15年前に結婚した時に購入したもので、当時は20万円ぐらいの値段だったので、捨てるのももったいないと廃棄するのを躊躇していましたが、事務所で活用されることになり、日の目を見ました。

しかしながら、昔のテレビであるAQUOSにも、最新で拡張性が絞られたSurfaceにも、HDMI端子がないため、すぐには接続出来ません。テレビにはVGA端子しかない、SurfaceにはUSB Type C端子はある。そこでVGA→HDMIの変換器とHDMI→USB Type-Cの変換器を購入して、無事接続することが出来ました。使い始めて4か月が過ぎましたが、解像度の違いからか、表示幅が合わない時などありますが、 今のところ調子よく活躍してくれています。

小括

現時点での事務所環境を一気にまとめてみようと思ったのですが、一つの記事ではまとまり切らず、長々と読みづらくなってしまうことに気が付きました。これからシリーズのような形で導入した経緯なども含めて備忘録として書いていくことにします。次は、パソコン周りからシステム関係などに触れていきたいと思います。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人

エフティエフ税理士事務所
代表 税理士
藤園 真樹(ふじぞの まさき)

大阪市福島区を拠点に活動中。
オンラインも活用しているので、対応エリアは問いません。

平日毎日でブログを更新中。

プロフィールはこちら

主なサービスメニュー

【単発サポート】
 単発税務サポート
 個別コンサルティング

【継続サポート】
 顧問業務